梶原 美濃守

雪の峠(漫画)の登場人物。渋江内膳とはライバル関係。

  • 梶原 美濃守
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
雪の峠(漫画)
正式名称
梶原 美濃守

総合スレッド

梶原 美濃守(雪の峠)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

大名佐竹家の重臣で、普段は穏やかで物静かな老人だが、家老たちからも「大軍略家」ともてはやされるほどの知謀の持ち主。若い頃に上杉謙信に目をかけられたことから、同僚の家老たちから謙信の逸話を話すよう、度々乞われる。渋江内膳が新たな城の築城候補地を提案した際、家老の川井伊勢守らに頼まれて対抗案を出し、競い合うことに。

内膳が候補地の「説明」に終始したのに対して、梶原は巧みな駆け引きによって内膳の案を潰そうとした。同時代の実在人物・梶原政景がモデルとなっている。

登場人物・キャラクター

大名佐竹家の当主。三十代前半の若さだが、聡明で進歩的な考えの持ち主である。関ヶ原の戦いでどの陣営に着くかの議論において、自らの一存で西軍に味方した。だがその後、西軍は敗北したため、東北地方の僻地である...
大名の佐竹家で近習頭を務めており、当主・佐竹義宣からの信頼も厚い青年。元々は素性の知れない食い詰め者だったが、少年時に鷹狩りをしていた義宣に拾われ、以来家臣として仕えるようになった。田畑の検地と算術が...

登場作品

戦国時代の末期、関ヶ原の戦いで常陸国を治めていた大名佐竹家は、敗北した西軍についていたため、僻地である出羽国に追いやられてしまう。その地で一から出直すため新しく城を作ることにした当主・佐竹義宣は、若い...