極主夫道

極主夫道

極道の世界から足を洗ったヤクザが専業主夫として妻を支え、周囲とコミュケーションを取りながら暮らしていく姿を描いたアットホームコメディ。pixivコミックランキング2018の総合・ギャグ部門で第1位を獲得している。「くらげバンチ」に2018年2月から連載の作品。2020年10月実写ドラマ化。

正式名称
極主夫道
ふりがな
ごくしゅふどう
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

はかつて「不死身の龍」と恐れられていた伝説のヤクザだったが、今は極道の道から足を洗って専業主夫として生きていた。ある朝、龍が妻の美久のために作ったお弁当の出来栄えに満足していると、美久は朝食も摂らずに慌しく家を出る。美久がお弁当を忘れていった事に気づいた龍は彼女を追いかけるが、その途中で警察官から職務質問を受けてしまう。(第1話。ほか、8エピソード収録)

第2巻

最近身体がたるんできた事から、は部屋の中でフラフープを回し始める。しかし美久に邪魔扱いされ、代わりにチラシに載っていたフィットネスの無料体験を薦められる。毎週1回はジムに行っている婦人会の主婦に連れられ、龍はエアロビクスやヨガで汗を流す。(第10話。ほか、8エピソード収録)

登場人物・キャラクター

(たつ)

専業主夫をしながら妻の美久を献身的に支える男性。料理はうまく、掃除洗濯なども欠かさず、特売をチェックして節約するなど家事の能力は非常に高い。美久からは「タッちゃん」と呼ばれている。かつては一晩に単身丸腰で抗争相手の事務所を10か所潰した伝説を持ち、「不死身の龍」とも呼ばれていたヤクザだったが、今は極道から足を洗っている。ふだんは周囲ともふつうに近所付き合いするほど穏やかな性格だが、ヤクザやチンピラなどが不条理な事をしていると、ヤクザ時代と同じ迫力で対処している。またヤクザの時と同じ考えや言動をしてしまう事がたまにあり、周囲を大いに困惑させている。

美久 (みく)

龍の妻。デザイナーとして働くキャリアーウーマンで、家の事は龍に任せている。仕事ではスーツをばっちり着こなしているが、家ではTシャツやトレーナーといったラフなスタイルが多く、家事は一切しない。ぬいぐるみなどかわいいものが好き。

(まさ)

龍がヤクザだった時の子分の男性。所属していた組も解散し、今はチンピラのような生活をしている。偶然龍と再会し、龍にヤクザに戻ってもらおうと説得するが、「専業主夫」を理由に頑なに拒否される。その後、龍を観察した結果、主夫とヤクザは表裏一体の関係にあると勘違いして龍に家事を教わる。

虎二郎 (とらじろう)

数か月前に出所した男性。「剛拳の虎」という異名を持ち、龍と双璧をなすといわれる超武闘派ヤクザ。刑務所にいるあいだに所属していた組が龍によって潰されたため、今はクレープを売る露天商となっている。店の前で商売している時に龍と再会し、互いにスイーツを作ってSNSにアップ。どちらが多くの「いいね!」をもらえるかの勝負をする事となる。

SHARE
EC
Amazon
logo