極楽町一丁目 嫁姑地獄篇

極楽町一丁目 嫁姑地獄篇

寝たきりになった義母の介護に疲れ果てた嫁は、隙を見つけては義母の息の根を止めようとあらゆる手段を使う。しかし命の危機にさらされると超人的な身体能力を発揮する義母は、毎回すんでのところで危機から脱するのであった。嫁と姑の闘いを、耽美的な描線とシュールなタッチで描くブラックユーモア作品。「小説新潮」1990年1月号から1999年4月号まで連載された。

正式名称
極楽町一丁目 嫁姑地獄篇
作者
ジャンル
ブラックコメディ、ブラックユーモア
関連商品
Amazon 楽天

概要

5年前から寝たきりになってしまった義母。昼間、そんなと2人きりで過ごし介護を続けなければならない嫁ののりこは、そんな生活にピリオドを打つべく、介護の合い間にさまざまな攻撃を繰り返す。「お水がのみたい」と言われれば、両足を掴み川に頭を突っ込む。義母にとまった蚊をつぶすという名目で巨大なハンマーを振り下ろす。

しかし義母もただではやられていない。時には反撃し、時には逃亡し、のりこの魔の手に対抗していく。果てることなく続く地獄の日々。そんなある日、ついにのりこは「神さまゆるして下さい」とつぶやきながら、包丁片手に義母の寝室に向かうのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

姑の介護をしながら暮らしている嫁。黒髪のおかっぱ頭で、黒のワンピースを着ている。憂いを帯びた表情で常にうなだれており、口癖は「私……ホントに疲れたア……」。義母を殺して楽になりたいと思い、隙あらば彼女... 関連ページ:のりこ

のりこの介護を受けている白髪の老女。病気で5年前から寝たきりになってしまい、起きている間はたいてい咳き込んでいる。だが、のりこに命を狙われると、天井まで届くほどにジャンプしたり巨大な氷を正拳突きで粉砕... 関連ページ:

SHARE
EC
Amazon
logo