武良 茂

私はゲゲゲ 神秘家 水木しげる伝(漫画)の主人公。読みは「むら しげる」。別称、武良。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
私はゲゲゲ 神秘家 水木しげる伝(漫画)
正式名称
武良 茂
ふりがな
むら しげる
別称
武良
別称
別称
水木 しげる

総合スレッド

武良 茂(私はゲゲゲ 神秘家 水木しげる伝)の総合スレッド
2016.08.23 17:40

概要

武良茂水木しげるの本名。水木というペンネームは、神戸で買ったアパートの水木荘から。これはアパートが兵庫区の水木通りにあったことからついた。鳥取県境港で育つ。幼少の頃より不思議なものに惹かれて空想の世界に浸っていた。どこまでもマイペースで学校も2時限目から登校。

絵を描くことが大好きで、絵描きを目指していた。徴兵され、ラバウル戦線で片腕を失う。現地人のトライ族と仲良くなりパウロと呼ばれていた。紙芝居、貸本マンガなどの原稿を描くも、貧乏暮らしを強いられていたが、月刊マンガ誌で『テレビくん』を描き次々と仕事が殺到。貧乏神は小さな福の神が追っぱらってくれた。

妖怪や妖精に会う旅、かつて片腕を失ったラバウル再訪など、精力的に活動。鳥取県境港には水木ロード水木記念館が完成、Oh!大水木しげる展は全国12ヵ所を巡り好評を得た。

登場作品

鳥取県境港で育ち、世の中の不思議に惹かれていく幼少時代から、戦争で片腕をなくし、紙芝居制作、貸本マンガと貧困の生活を送り、マンガ誌で妖怪漫画を描き大ヒットさせた水木しげるの半生が描かれる。