段木 将視

Let'sダチ公(漫画)の登場人物。読みは「だんぎ まさみ」。秋葉瞬とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
Let'sダチ公(漫画)
正式名称
段木 将視
ふりがな
だんぎ まさみ

総合スレッド

段木 将視(Let'sダチ公)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

九州の総番。天草総業高校3年。19歳。秋葉瞬が収監された少年刑務所で総房長をつとめていた。服役中に3人殺しており、そのため出所が遅れたと言われている。端正な顔立ちで、誰にでも敬語を使って話す。小鳥を愛玩し、よく肩に乗せている。よりも早く出所し、九州、四国、山口の勢力を結集し、関西と関東の制圧を目論んだが、海西学園率いる関東勢に阻まれ撤退する。

撤退の際、に待ち伏せされ、タイマンして敗れるが、「タイマンはったらダチ」の言葉に感銘を受け、マブダチとなる。しかし、その後すぐに海東高校の刺客によって撲殺される。

登場人物・キャラクター

『Let'sダチ公』の主人公の一人。物語当初は海西学園の高校一年生。番として親友の森陽一とともに頭角を現していき、共に一年生ながら外番を任されるようになる。数々の喧嘩で名を上げていき、やがて関東では敵...

登場作品

海西学園に通う秋葉瞬と森陽一は、番を張る高校一年生。大関東の異名をとる総番・作田良樹のもと番として成長した彼らは、関東を代表する男たちとなり、日本中の荒くれ高校生たちと戦うことで己を磨いていく。