氷高

氷高

女帝の手記(漫画)の作品登場人物。読みは「ひだか」。別称、元正天皇。

登場作品
女帝の手記(漫画)
正式名称
氷高
ふりがな
ひだか
別称
元正天皇
関連商品
Amazon 楽天

概要

の前の天皇である「元正天皇」。首の叔母にあたり、内親王である。藤原一族によって廃された長屋王の正妃、吉備内親王の姉であっため、長屋王を助けるように首に願い出た。女性である阿倍が藤原一族の権力保持のために、安積を差し置いて皇太子になった事に反感を持っていた。安積を皇太子にしようと画策したが、そのせいで安積は仲麻呂に殺される事となった。亡くなるまで、阿倍を皇太子として認める事はなかった。実在の人物、元正天皇がモデル。

登場作品

女帝の手記

孝謙天皇、称徳天皇として知られる実在の人物である阿倍を主人公にした歴史ドラマ。当時権力を掌握していた藤原一族に生まれたがゆえに、女性でありながら皇太子となった阿倍は、宮廷での苛烈な権力闘争に巻き込まれ... 関連ページ:女帝の手記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
阿倍
安宿
仲麻呂
下道 真備
玄昉
大炊王
道鏡
場所
logo