江戸むらさき特急

江戸むらさき特急

水戸黄門、大岡越前などの時代劇に登場するキャラクターをパロディにした4コマギャグ漫画。全話通じての主人公は存在しない。

概要

うっかりの度が過ぎるうっかり八兵衛、しつこく名前を突っ込まれる眠狂四郎、妙な日記をつける松平長七郎など、時代劇に登場する人物達がギャグを繰り広げる。

登場人物・キャラクター

時代劇『水戸黄門』に登場するうっかり八兵衛がモデル。「うっかり」の度が過ぎて一行の足手まといとして扱われる。時には周囲を巻き込んで命に関わるような「うっかり」もしでかす。 関連ページ:うっかり八兵衛

時代劇『眠狂四郎』に登場する眠狂四郎がモデル。対決する相手から眠という苗字を度々突っ込まれてしまう。 関連ページ:眠 狂四郎

いつも周りの人々が退屈していないかを気にしている。時代劇『旗本退屈男』に登場する早乙女主水之介がモデル。 関連ページ:早乙女 主水之介

時代劇『遠山の金さん』に登場する遠山金四郎がモデル。桜吹雪の刺青を決め手として判決を下す奉行だが、老中からは睨まれている。 関連ページ:遠山 金四郎

時代劇『右門捕物帖』に登場する近藤右門がモデル。江戸で評判の同心。何を考えているか分からないが、実は下ネタで喜んでいたりする。 関連ページ:近藤 右門

時代劇『暴れん坊将軍』に登場する徳川吉宗がモデル。人々の心を知ろうと庶民に身をやつして街に出るが、散々な目に遭う。 関連ページ:徳川 吉宗

時代劇『銭形平次』に登場する銭形平次がモデル。銭に対して異様な愛情を持っている。 関連ページ:平次

時代劇『新五捕物帳』の主題歌江戸の黒豹に由来する。黒豹のタイツを着た男性で、江戸の黒豹を歌いながら街中を走り回る。 関連ページ:江戸の黒豹

実在の歴史上の人物平賀源内がモデル。必殺技エレキテルを使う。 関連ページ:平賀 源内

時代劇『長七郎江戸日記』に登場する松平長七郎がモデル。観察日記や交換日記など様々な日記を付けている。 関連ページ:松平 長七郎

時代劇『人形佐七捕物帳』に登場する佐七がモデル。本物の人形。不気味な容貌で人々を恐怖に陥れる。 関連ページ:佐七

時代劇『一心太助』に登場する太助がモデル。魚を商うが、なぜか客が寄り付かない。 関連ページ:太助

時代劇『鞍馬天狗』に登場する鞍馬天狗がモデル。近藤勇や沖田総司に実在の人物ではないことを突っ込まれる。 関連ページ:鞍馬天狗

時代劇『大岡越前』に登場する大岡忠相がモデル。窮地になると大岡越前の主題歌を歌いだす。 関連ページ:大岡 忠相

SHARE
EC
Amazon
logo