かっとばせ!キヨハラくん

かっとばせ!キヨハラくん

西部ライアンズのキヨハラを始め、様々なプロ野球選手・関係者が繰り広げる日常を描くギャグ漫画。連載当時の実在のプロ野球をモデルにしているが、選手名はカタカナ表記。チーム名や球場名は少しもじったものになっている。

正式名称
かっとばせ!キヨハラくん
作者
ジャンル
パロディ
 
野球
レーベル
てんとう虫コミックス(小学館)
巻数
全15巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

西部ライアンズのキヨハラは、モリ監督の厳しい始動を受けながら、クワタやクドーヒガシオといった選手とともに、奇妙な日々、そして野球対戦を繰り広げていく。

登場人物・キャラクター

キヨハラ カズヒロ

西部ライアンズに所属する野球選手。面長の顔と出っ歯が特徴。出っ歯を利用したギャグを度々披露するなど作中ではボケを担当しているが、周囲に個性的な面々が多いせいでツッコミ役に回ることも。長打力が魅力のバッターだが、毎年不調に悩まされている。入団したばかりのころは三冠王候補と言われていたが、年を重ねていくと徐々に人気が落ちていった。 感情の起伏が激しく、監督やコーチに怒られひどく落ち込むことも。同じLP学園出身のクワタマスミとよく行動をしているが、クワタの突飛な行動に振り回されることもしばしば。実在の元野球選手・清原和博がモデルと思われる。

クワタ マスミ

『かっとばせ!キヨハラくん』に登場する野球選手。東京カイアンツの投手。事ある度に様々な選手に嫌がらせを行い、そのせいで嫌われがち。また、とても卑屈な性格で、嫌いな人物を藁人形で呪うこともある。試合中もふざけることが多いが、野球選手としての能力は高い。投球するときはいつもブツブツと何かをつぶやいている。 エラの張った輪郭と、口の左下にあるホクロが特徴。LP学園出身で、同じ高校を卒業したキヨハラカズヒロとよく行動を共にしており、チームが違うはずなのに西部ライアンズの試合や行事にも顔を出す。実在の元野球選手・桑田真澄がモデルと思われる。

モリ監督

西部ライアンズの監督。公私ともに厳しい性格で、選手や関係者を巨大なハンマーで叩くこともしばしば。また、特にふざけている人物に対しては噛み付くこともある。短気で怒りっぽいことが災いして、キヨハラカズヒロをはじめとした選手からは不満を持たれがち。東京カイアンツの選手、監督とも仲が悪い。 実在の元プロ野球監督・森祇晶がモデルと思われる。

クドー

『かっとばせ!キヨハラくん』に登場する野球選手。西部ライアンズの左のエースとして活躍する投手。大きく丸い目が特徴で、カエルに似ているとよく言われる。本人もそれをネタにしており、カエルのものまねでボケることもよくある。西部ライアンズの中心選手だが、モリ監督からはあまり評価されていない。キヨハラカズヒロと仲が良い。 実在の元野球選手・工藤公康がモデルと思われる。

ヒガシオ

『かっとばせ!キヨハラくん』に登場する野球選手。西部ライアンズに所属するベテラン投手。チームの中心人物だが、自身の立場を脅かす若手を認めないなど器の小ささが目立つ。特にクドーをライバル視。強気なピッチングが持ち味だが、その反面デッドボールも多い。1988年に引退すると、その後は解説者に就任した。 実在の元野球選手・東尾修がモデルと思われる。

イシゲ

『かっとばせ!キヨハラくん』に登場する野球選手。西部ライアンズに所属する内野手。大きな鼻の穴が特徴で、鼻息で人を吸い寄せることも可能。また、鼻でラーメンを食べたりと、鼻に関する特技が多い。チームリーダーであり、モリ監督からの信頼も厚い。他のチームメイト同様ボケに回ることも多いが、真面目な話もできる。 実在の元野球選手・石毛宏典がモデルと思われる。

オー監督

東京カイアンツの監督。現役時代は名選手として名を馳せたが、監督としてはパッとしない。クワタマスミと共に他チームへ嫌がらせをすることもある。唇が厚く、そのせいで周囲からはタコと呼ばれている。1988年に監督を辞任する。その後東京カイアンツの監督になるナガシマシゲオをとは現役時代から仲が良く、コンビとして度々共演。 実在の元プロ野球監督・王貞治がモデルと思われる。

ノモ

『かっとばせ!キヨハラくん』に登場する野球選手。1990年にドラフト1位で近鉄バッパローズに入団した若手投手。普段はマイペースだが、赤い布を見ると猛牛になってしまう。実力・人気共に絶大で、ノモが出場する試合は常に超満員となる。トルネード投法という独特の投球フォームが特徴で、大きく曲がるフォークが武器。 実在の元野球選手・野茂英雄がモデルと思われる。

ノムラ監督

1990年にヤグルトスパローズの監督に就任した。いつも愚痴をぼやいており、暗い性格。性格に共通点が多いクワタマスミと仲が良く、キヨハラカズヒロからは親子のようだと言われる一幕もある。反面東京カイアンツのことは嫌っており、中でもナガシマシゲオとは仲が悪い。 実在の元プロ野球監督・野村克也がモデルと思われる。

イケヤマ

『かっとばせ!キヨハラくん』に登場する野球選手。ヤグルトスパローズの内野手。キヨハラとは仲が良く、ボケに対してツッコミを入れる場面も目立つ。当初は明るい性格だったが、ノムラ監督が就任してからは暗い性格が移ってきた。本来はフルスイングが持ち味だったが、ノムラ監督からバットを振り回さないよう指示され、ストレスを溜める。 実在の元野球選手・池山隆寛がモデルと思われる。

マツイ

『かっとばせ!キヨハラくん』に登場する野球選手。東京カイアンツの外野手。1993年にドラフト1位で入団した。ゴジラのニックネームを持つ若手で、バットを持つと熱線を吐くようになる。怪物のような鳴き声を出したり、人との会話が苦手だったりと、ところどころに普通の人間とは違う一面を持つ。周囲の動向に振り回されないマイペースな性格。 実在の元野球選手・松井秀喜がモデルと思われる。

ナガシマ シゲオ

評論家の仕事をしていたが、1993年に東京カイアンツの監督となる。前監督であるオーと仲が良く、頻繁にコンビとして登場する。天然ボケで周囲を振り回すが、野球のこととなると真剣に怒ることも。いつも笑顔を絶やさず、怒るときも表情があまり変わらない。太い眉毛と割れた顎が特徴。 実在の元プロ野球監督・長嶋茂雄がモデルと思われる。

アキヤマ

『かっとばせ!キヨハラくん』に登場する野球選手。いつも笑顔を絶やさない温厚な人物で、キヨハラカズヒロとともに西部ライアンズの中心選手として活躍する。抜群の身体能力を持ち、野球選手としての成績が良いだけでなく、バック転も難なくこなす。1994年にトレードで福岡タイエーハークスに移籍した。 実在の元野球選手・秋山幸二がモデルと思われる。

ハラ

『かっとばせ!キヨハラくん』に登場する野球選手。東京カイアンツの4番打者として期待されているが、どこか頼りなく、また影が薄い。作中ではいじられ役になりがちだった。涙もろい性格で、クワタマスミらのイタズラの被害にあって泣いてしまうことも。しかし、いつしかクワタとともにイタズラをする側に回っていく。 実在の元野球選手・原辰徳がモデルと思われる。

書誌情報

かっとばせ!キヨハラくん 全15巻 小学館〈てんとう虫コミックス〉 完結

第1巻

(1987年12月発行、 978-4091412416)

第2巻

(1988年4月発行、 978-4091412423)

第3巻

(1988年8月発行、 978-4091412430)

第4巻

(1988年12月発行、 978-4091412447)

第5巻

(1989年6月発行、 978-4091412454)

第6巻

(1989年12月発行、 978-4091412461)

第7巻

(1990年4月発行、 978-4091412478)

第8巻

(1990年7月発行、 978-4091412485)

第9巻

(1990年9月発行、 978-4091412492)

第10巻

(1991年4月発行、 978-4091412508)

第11巻

(1991年10月発行、 978-4091418012)

第12巻

(1992年6月発行、 978-4091418029)

第13巻

(1992年9月発行、 978-4091418036)

第14巻

(1993年10月発行、 978-4091418043)

第15巻

(1994年6月発行、 978-4091418050)

SHARE
EC
Amazon
logo