津崎平匡の母

津崎平匡の母

逃げるは恥だが役に立つ(漫画)の登場人物。読みは「つざきひらまさのはは」。津崎平匡とは親族関係にある。

登場作品
逃げるは恥だが役に立つ(漫画)
正式名称
津崎平匡の母
ふりがな
つざきひらまさのはは
関連商品
Amazon 楽天

概要

津崎平匡の母。息子が森山みくりと結婚したことを喜んでいるが、2人が他人行儀なことを不思議に思っている。

関連人物・キャラクター

津崎平匡

眼鏡をかけた一見クールな男性。36歳。森山みくりの父森山栃男の元部下で、京都大学卒業のシステムエンジニア。元上司の森山栃男に、求職中の娘森山みくりを強引に押し付けられ、家事代行を頼む。仕事を真面目にこ... 関連ページ:津崎平匡

登場作品

逃げるは恥だが役に立つ

あらすじ大学院で心理学を勉強し、人事部や企画商品開発の仕事での就職を目指したがあえなく全滅し、派遣社員になった25歳の森山みくり。臨床心理士の資格も持っているが心理カウンセラーやスクールカウンセラーの... 関連ページ:逃げるは恥だが役に立つ

SHARE
EC
Amazon
logo