津村 斗貴子

武装錬金(漫画)の登場人物。読みは「つむら ときこ」。

  • 津村 斗貴子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
武装錬金(漫画)
正式名称
津村 斗貴子
ふりがな
つむら ときこ

総合スレッド

津村 斗貴子(武装錬金)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

錬金戦団の戦士として、人間を襲うホムンクルスと戦っていた。ホムンクルスとそれらに味方する人間に激しく敵意を抱く非情な戦士で、口癖は「臓物をブチ撒けろ!」。自由自在に動くデスサイズ(処刑鎌)「バルキリースカート」を駆使して、変幻自在に戦う。普段は冷静沈着だが、とても短気でキレやすく凶暴。

顔に大きなキズがある。錬金術の合金「核鉄」で命を救った武藤カズキとともに戦ったり、クラスメイトや妹の武藤まひろと接したりするうちに、冷酷な戦士から情にあふれる女性へと変わっていく。自分が使った核鉄の影響で武藤カズキが超生命体化しかけたことに責任を感じ、彼と共に全てがうまくいく方法を模索し、戦いぬくことを決意する。

登場人物・キャラクター

正義感あふれる高校2年生。たまたま見かけた津村斗貴子を助けようとした時に死んでしまい、彼女から与えられた錬金術の合金「核鉄」の力でよみがえる。その後みんなを守りたいという彼自身の意思で、錬金戦団の戦士...

関連キーワード

『武装錬金』に登場する組織。人を食らうホムンクルスを殲滅し、世界中にあるすべての錬金術の秘具「核鉄」を管理するのを目的とした集団。特にホムンクルスと戦うグループを「錬金の戦士」と呼んでいる。世界各地に...
『武装錬金』に登場する武器。津村斗貴子が持つ、錬金術の合金「核鉄」から現れる、デスサイズ(処刑鎌)型の武装錬金(武器)。両足の太ももから4本の鎌が生えて、数多くの敵をまとめて切り払ったり、一撃離脱のス...

登場作品

高校2年生の武藤カズキは、ある夜巨大な怪物に襲われ死んでしまう。しかし津村斗貴子によって、「核鉄」という、本能に呼応する錬金術の合金が心臓に埋め込まれ、彼は息を吹き返す。人を喰う錬金術の怪物ホムンクル...