流川ガールズ

流川ガールズ

普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。(漫画)に登場するアイドルグループ。読みは「ながれかわがーるず」。

登場作品
普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。(漫画)
正式名称
流川ガールズ
ふりがな
ながれかわがーるず
関連商品
Amazon 楽天

概要

宇佐美奈々子小日向縁のユニット。デビューイベントの際にはまだユニット名がなかった。その後、上層部からは流川ダイナマイト☆ギャルズとの提案があったが、太田貢係長の説得によりこちらに決定。メンバー採用の際には、オーディションなどの予算が足りず、身元のしっかりした人物で体力があり、かつ共学ではスキャンダルの恐れがあるため、市内唯一の女子校、流川第三女子高校の生徒であることが優先された。

最終的に奈々子は女子力が低いので安全、と採用されたとのこと。ケーブルテレビでレギュラー番組を持ち、市内の店の紹介や、流川市役所の活動レポートなどをしている。

蜂の巣除去などの体験レポートなどもしているが、よそのロコドルはあまりやっていない。市外のイベントでは特産の流川みりんを売っていることが多い。制服もあるが、どちらかというと地元企業や商品の名前がプリントされたTシャツのイメージが強い。

登場作品

普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。

自分では取り柄がないと思っていた宇佐美奈々子は、叔父の手伝いに呼ばれて流川市のロコドル(ローカルアイドル)としてデビュー。パートナーで学校の先輩でもある小日向縁とともに、流川ガールズとして活動を続ける... 関連ページ:普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo