海獣の子供

海獣の子供

人とのコミュニケーションが苦手な主人公安海琉花と、彼女が汐留の海で出会った、ジュゴンに育てられたという少年・海、そして海の双子の兄弟・空。琉花はふたりにまつわる不思議な現象の原因、そしてふたりの正体を探るべく、研究者と共にヨットで海へ漕ぎ出す。

正式名称
海獣の子供
作者
ジャンル
冒険
レーベル
IKKI コミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

部活動でチームメイトにけがをさせてしまい、居場所をなくしてしまった安海琉花は、汐留の海で不思議な少年・に出会う。父の勤める江ノ倉水族館で、との再会を果たした琉花は、夏休みをと、の双子の兄、と共に過ごすこととなる。はジュゴンに育てられていたと思われ、海中に体が適応しており、長時間陸上に居られないという不思議な体質の持ち主だった。

琉花はふたりとともにいることで、不思議な体験をする。また、時を同じくして、巨大隕石の落下、各地の水族館で魚がこつ然と消える等の事件も発生していた。その原因、そしてふたりの正体を確かめるべく、琉花は双子を研究していたアングラードと共にヨットで大海原に漕ぎ出す。

登場人物・キャラクター

主人公

女子中学生。コミュニケーションがあまり上手くなく、口より先に手が出てしまう性格。ハンドボール部に所属していたが、琉花の悪口を言ったチームメイトにけがをさせてしまい、部活に出る事を禁止されてしまった。母... 関連ページ:安海 琉花

10年前、フィリピンの沖合でジュゴンと共にいるところを発見、保護された少年。空とともにジュゴンに育てられたと考えられている。海中で育ったためか、乾燥に弱く、長時間陸上にいると、陸に揚げたイルカのように... 関連ページ:

10年前、フィリピンの沖合でジュゴンと共にいるところを発見、保護された少年。海とともにジュゴンに育てられたと考えられている。空の双子の弟ということになっているが、血のつながりはなく、アジア系の血を引く... 関連ページ:

ジム・キューザック

海洋科学者の男性。海、および空の保護者。上半身に滞在した土地の伝統的なタトゥーを入れている。空から自分たちが何者か調べてほしいと持ちかけられ、以降、空と海の研究を行っている。安海琉花の父が務める江ノ倉水族館に仕事に来たことから、琉花と知り合う。

アングラード

海洋科学者の男性。整った容姿をしており、髪を長くのばしている。ジム・キューザックとともに海や空に関する研究をしていたが、袂を分かち、現在は財団の資金提供を受け活動をしている。6歳までは話が出来なかったが、言葉を覚えて以降は天才的な能力の伸びをみせ、幼くしてケンブリッジ大学から声がかかるほどとなる。

安海 正明

安海琉花の父。江ノ倉水族館に務めている。妻の安海可奈子とは別居中で、話し合いを面倒に感じており、逃げがち。部活で問題を起こし、居場所のなくなった琉花に江ノ倉に来て海と過ごすよう命じる。また、ジム・キューザックの研究の手伝いもしている。

安海 可奈子

安海琉花の母。元は夫である安海正明と同じく江ノ倉水族館に務めていた。夫とは別居中。娘である琉花の考えている事がわからず、今ひとつ折り合いが良くない。九浦の大海女の家系に産まれており、跡を継ぐはずだったが、実家との折り合いが悪く、縁を切っている。昼間からビールを飲んでいることが多い。

ジャン・ルイ

ジム・キューザックの共同研究者。初老の男性。アングラードとも旧知の仲と思われる。海や空の過去や、ジムがふたりの研究を始めた理由等を知る人物。

オリガ

医師にして呪術師、占い師にして航海士の老婆。ゴンドワナ大陸に関して調査している。ジム・キューザックとは既知の仲で、伝統的航海術の師である。パートナーのグレゴリー博士は数学者。

SHARE
EC
Amazon
logo