火野 勝

ストッパー毒島(漫画)の登場人物。読みは「ひの まさる」。

  • 火野 勝
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ストッパー毒島(漫画)
正式名称
火野 勝
ふりがな
ひの まさる

総合スレッド

火野 勝(ストッパー毒島)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

パシフィック・リーグのプロ野球球団、京浜アスレチックス内野手。背番号38→背番号6。右投げ右打ち。主にショートを守る。初登場時25歳。天性のホームラン・アーチストだが、間の抜けたツラがまえから片平監督の構想からイチ早くはずれ二軍暮らしが続いていた。1996年から1軍に定着。

1997年、小野寺学の加入や打撃に専念させる構想のため一時サードにコンバートされるが、内面は繊細だったため極度な打撃不振が続いた。この時、山畑打撃コーチによる熱血指導のプレッシャーに耐えきれず、2日間の失踪騒動を起こす。しかしショートにポジションが戻るや本塁打を連発し、チーム快進撃の立役者となった。

だが、守備がうまい訳ではなく、トンネルや暴投など失策が多く、そちらの面では投手陣の足をひっぱった。口癖は「んああ!」。名前とプレイスタイルのモデルとなったのは元中日ドラゴンズのプロ野球選手宇野勝。

関連キーワード

『ストッパー毒島』に登場するプロ野球球団。パシフィック・リーグ所属。毒島大広が所属する万年最下位球団。昭和40年代に二連覇を果たすが、その後八百長がからんだ黒い霧事件を起こし、主力が大量に追放され、以...

登場作品

高校時代まったく野球の実績がなく、高校も退学処分となった毒島大広。しかし、弱小プロ野球チーム京浜アスレチックスの名スカウトマン小暮武夫に目をつけられた毒島は奇跡的にドラフト会議で指名され、プロ野球選手...