赤い蛇(漫画)の登場人物。読みは「ちち」。少年とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
赤い蛇(漫画)
正式名称
ふりがな
ちち

総合スレッド

父(赤い蛇)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

少年の父親。迷宮の家の一室で気味の悪い虫をたくさん飼っており、家中で飼育している鶏に餌づけている。卵を産まなくなった鶏を「つぶし」と蔑んで惨殺し、生首だけになっても暴行を加えるという奇癖を持つ。祖母と仲が良く、毎朝集めた卵を祖母の元へ持っていく習慣がある。

登場人物・キャラクター

迷宮の家に生まれ育った少年。迷宮の家と自分の家族に恐怖を感じており、物心ついた時から何度も家出を試みているが、広すぎる敷地に迷って一度も成功したことがない。彼が巨大な青銅の鏡と、その奥にあるあかずの間...
少年の祖母。庭から拾ってきた枯れ木で部屋の中に巣を作って暮らしている。「コケコケ」と鳴く、両腕を翼のようにバサバサと振る、虫を食べる、父の持ってきた卵を温めるなど、鶏を思わせる振る舞いをする。母を嫌っ...

関連キーワード

いわゆる旧家だが、想像を絶する広さを有し、その全貌を知る者はいない。家の周りには林があり、家の大きさを確かめようとする者は、必ず迷ってしまう。廊下に巨大な青銅の鏡があり、この奥には数々の魔物が潜むあか...

登場作品

主人公の少年は生まれ育った家のことが嫌いだった。古い日本家屋の屋敷は迷宮の家と呼ばれ、とにかく広く、家の周りを一周しようとしても必ず迷ってしまい大きさを確かめることはできない。家の中では、廊下を大きな...