赤んぼ少女

赤んぼ少女

悲惨な生活を送ってきた少女南条葉子が、実は裕福な屋敷の娘だったというシンデレラ・ストーリーで始まる。だが、屋敷の天井裏に隠れて住んでいた南条タマミによって幸福は一転し、以前よりさらに惨めな生活を強いられてしまう。タマミは赤ん坊のまま成長せず、牙や鋭い爪が生えた化け物のような姿である。葉子を虐待する心理の裏には、自分の醜さへの呪いと、相手の美しい容姿への嫉妬があった。運命の逆転と、美醜のコンプレックスに少女の心理を反映させたホラー作品であり、タマミは楳図かずおの代表キャラの1人。1967年、『赤んぼ少女』のタイトルで週刊少女漫画誌に連載された。1969年の単行本化で、『のろいの館』と改題される。そのほかに『赤んぼう少女』という改題もある。

概要

12年前、ある事情で、南条葉子は生まれてすぐ親と離ればなれになり、ご飯もろくに食べられない惨めな生活を送ってきた。南条家の父が苦労して捜し出し、葉子は東京の裕福な南条家で暮らすことになる。幸せに胸が躍る葉子だが、まもなく、屋敷の天井裏に自分の姉が隠れて住んでいたことを知る。姉は南条タマミといい、赤ん坊のような姿であった。

母親の南条夕子はタマミがずっと成長しないので気が変になり、タマミを可愛がりながら言いなりになっている。父親は悪魔のように残忍なタマミを恐れ、南条家から排除しようとするが、行方不明になってしまう。葉子はタマミの居た天井裏に住まわされ、前より惨めな生活を強いられる。

タマミの虐待が続く中、葉子は南条家のばあやに連れられ、父親の行方を捜して田舎の実家へ向かう。そこで、自分とタマミの出生に関する意外な事実を知る。

登場人物・キャラクター

『赤んぼ少女』に登場する、東京の南条家の娘。事情により、生まれてすぐ親と離ればなれになっている。そのため、ご飯もろくに食べられず、新しい洋服など一度も着たことがなく、施設に入れられたり、人の家で家政婦... 関連ページ:南条 葉子

『赤んぼ少女』に登場する、赤ん坊の姿のまま成長しない少女。南条葉子の姉であるが、出生に謎がある。南条家に葉子が来る5年前に、父親が施設に預けたはずだったが、実際は、母親が屋敷の天井裏に匿っていた。葉子... 関連ページ:南条 タマミ

南条 夕子

『赤んぼ少女』に登場する、南条家の母親。南条家の父によると、南条タマミがいつまで経っても赤ん坊のまま成長しないので、変になってしまったらしい。タマミのことを非常に可愛がっており、タマミの命令で南条葉子につらく当たる。南条家のばあやは、タマミが普通ではないから夕子は余計に可愛いのだろうと考えている。

『赤んぼ少女』に登場する南条葉子の父親。歴史学者であり、世界の芸術品をコレクションしている。南条タマミをばけものと呼んで恐れ、南条家から排除しようとする。葉子が南条家に来る5年前にタマミを施設に預けた... 関連ページ:南条家の父

南条家のばあや

『赤んぼ少女』に登場する南条家のばあや。身も心も悪魔のような南条タマミが恐ろしくて我慢できず、南条葉子を連れて、家がある山奥の田舎の村に戻ろうとする。そこに、葉子の父の実家もあり、行方不明の葉子の父がそこにいると考えた。田舎の家に、吉野高也という高校2年生の孫がいる。

吉野 高也

『赤んぼ少女』に登場する、南条家のばあやの孫。戸津川高校2年生。父親の行方を捜して、ばあやと一緒に田舎に来た南条葉子と出会い、親しくなる。南条タマミは高也のことが好きになり、高也と親しくする葉子をますます憎むようになった。

『赤んぼ少女』に登場する、南条タマミが生まれた山川産院の院長。南条家の父の実家からすぐ近くの町にある。葉子と吉野高也は、12年前の南条葉子とタマミの出生の秘密を探るため、山川産院を訪れた。南条家の父も... 関連ページ:山川産院の院長

場所

南条家の父の実家

『赤んぼ少女』に登場する、南条葉子の父親の実家。南条家のばあやの田舎にある。行方不明になった葉子の父親がいると思い、ばあやが葉子を連れて訪ねるが、父親は来ていない。実家のおじとおばは、葉子のことを南条... 関連ページ:南条家の父の実家

天井裏

『赤んぼ少女』に登場する、南条家の天井裏。南条家の父に施設に入れられたはずの南条タマミは、母親の南条夕子に匿われて天井裏に住んでいた。父親が行方不明になった後、タマミは南条葉子を天井裏に住まわせる。葉... 関連ページ:天井裏

井戸

『赤んぼ少女』に登場する、南条家の屋敷の庭にある枯れた井戸。南条タマミが惨めな気持ちを慰めるため、1人で泣きに来る秘密の場所だったという。南条家のばあやの孫である吉野高也から、南条家の娘ではないという... 関連ページ:井戸

その他キーワード

仏壇

『赤んぼ少女』に登場する、南条家の屋敷にある仏壇。父親に施設に入れられたはずの南条タマミを、母親が天井裏に匿い、面倒を見ていた。仏壇には抜け道があり、母親が仏様にお供えするふりをして、タマミに食べ物を与えていた。

ぬいぐるみ

『赤んぼ少女』に登場する手製のぬいぐるみ。南条タマミが南条葉子を屋敷の階段から落ちるように細工したため、怒った南条家の父はタマミを箱詰めにすると、中身を秘密のまま葉子にポリバケツに捨てさせる。父親はタ... 関連ページ:ぬいぐるみ

よろい

『赤んぼ少女』に登場する、南条家にある西洋甲冑。南条家の父の芸術品コレクショの1つ。南条家の父の部屋に置かれていた。父親が行方不明になった後、母親の南条夕子は南条タマミが嫌がるという理由で、南条葉子と... 関連ページ:よろい

ギロチン

『赤んぼ少女』に登場する、歴史学者である南条家の父が外国から集めたコレクションの1つ。下部の木の板に穴があり、その向こうに人魚の人形が見える。人形には紐がかかっており、穴に入れて人形を掴み、紐を外すと... 関連ページ:ギロチン

首なし地蔵

『赤んぼ少女』に登場する、南条家のばあやの田舎にある首がない地蔵。ばあやの家の近くにあり、帰った時は必ず挨拶するという。ばあやと一緒に田舎に行った南条葉子が、その夜、ばあやの孫の吉野高也と盆踊りに出か... 関連ページ:首なし地蔵

ぼんおどり

『赤んぼ少女』に登場する風習。南条家のばあやの田舎の盆踊り。南条葉子を連れてばあやが田舎の家に戻った時、ちょうど夜に盆踊りがあり、ばあやの孫の吉野高也が葉子を連れていった。この村の盆踊りは変わっている... 関連ページ:ぼんおどり

SHARE
EC
Amazon
logo