片倉 小十郎

劇場版 戦国BASARA -The Last Party-(アニメ映画)の登場人物。読みは「かたくら こじゅうろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
劇場版 戦国BASARA -The Last Party-(アニメ映画)
正式名称
片倉 小十郎
ふりがな
かたくら こじゅうろう

総合スレッド

片倉 小十郎(劇場版 戦国BASARA -The Last Party-)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

伊達政宗に仕える武将で、唯一無二の腹心。竜の右目と呼ばれており、主の背中を守る事を第一とし、時には自らの命さえも投げ打つ覚悟を持つ忠義に厚い人物。時に無謀な行動をとる政宗を諭し、支えとなる兄的な存在でもある。

一見するとヤクザを思わせる外見だが、冷静で義理堅い気質により、敵味方双方から一目を置かれている。

登場人物・キャラクター

独眼竜と恐れられた仙台藩初代藩主。眼帯に並々ならぬ情熱を注ぐ眼帯マニア。「ガンター」とも称される眼帯大名で、日々新しい眼帯の開発に余念がない。重量100キロの「重り眼帯」や「焼き魚眼帯」、「くさり眼帯...
奥州を治める伊達家の若き当主。その隻眼から、独眼竜との二つ名を持つ。柄の悪い伊達軍を纏め上げるカリスマ性を持ち、異国語の混ざった話し言葉が特徴。恐れを知らない性格のため時に向う見ずな行動も見られるが、...

関連キーワード

竜の右目

登場作品

覇王・豊臣秀吉の引き起こした動乱は終結した。しかし、戦乱の世は未だ終わることはなかった。奥州の伊達政宗の前に突如現れたのは、凶王・石田三成。彼は崇拝する主、豊臣秀吉を討った政宗への私怨を剥き出しにする...