犬塚 信乃 戍孝

八犬伝(漫画)の主人公。読みは「いぬづか しの もりたか」。別称、信乃。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八犬伝(漫画)
正式名称
犬塚 信乃 戍孝
ふりがな
いぬづか しの もりたか
別称
信乃

総合スレッド

犬塚 信乃 戍孝(八犬伝)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

概要

八犬士の一人。「孝」の珠を持つ。父大塚番作一戍は、関東足利家の名刀「村雨丸」を持って落ち延びた。「成人まで性別を入れ替えて育てると健康に育つ」との俗信から幼少時は女装して暮らしていた。結城城の闘いの後に父から関東足利家の名刀村雨丸を主君に返すようにと託された。元服後は荘助(犬川荘助義任)と義兄弟となる。

古河に村雨丸を返しに行くが、上杉家の刺客と間違われ追われる身になる。犬田小文吾悌順の妹ぬいに匿われていた際に丶大と出会い、自らが八犬士であることを知る。

登場作品

室町時代。雨の中、賊に襲われた僧・丶大(ちゅだい)を8人の若き武士・八犬士が助けた。丶大は八犬士達にかつての婚約者伏姫にまつわる話を語り出す。丶大は元の名を金腕大輔孝徳といい、南房総の突端・安房館山を...