犬山 道節 忠与

八犬伝(漫画)の登場人物。読みは「いぬやま どうせつ ただとも」。別称、道節。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八犬伝(漫画)
正式名称
犬山 道節 忠与
ふりがな
いぬやま どうせつ ただとも
別称
道節

総合スレッド

犬山 道節 忠与(八犬伝)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

概要

八犬士の一人。「忠」の珠を持つ。練馬氏の家臣である犬山家の生き残り。異母妹・浜路(犬山正月)を殺めた網干左母二郎の前に現れ、彼を斬り名刀村雨丸を持って逃げた。扇谷定正を仇と狙っていたが、後に自らが八犬士であることを知る。

登場作品

室町時代。雨の中、賊に襲われた僧・丶大(ちゅだい)を8人の若き武士・八犬士が助けた。丶大は八犬士達にかつての婚約者伏姫にまつわる話を語り出す。丶大は元の名を金腕大輔孝徳といい、南房総の突端・安房館山を...