独裁グリムワール

グリム童話を編纂したグリム兄弟の子孫、御伽グリムが、先祖が交わした契約のせいで童話の悪魔から魂を狙われる事になる物語。

正式名称
独裁グリムワール
ふりがな
どくさいぐりむわーる
作者
ジャンル
ファンタジー
レーベル
MFコミックス ジーンシリーズ(メディアファクトリー)
巻数
全3巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

御伽グリムは母親を亡くし、1人ぼっちになってしまった。そこに会ったこともない父親から、「引っ越しと転校の手続きは済ませた」とだけ書かれた手紙が届く。丘の上にある幽霊屋敷と呼ばれる大きな屋敷に1人で暮らす事になった御伽グリム。ある日、何かに呼ばれている気がして家の地下室へ行くとある本を見つける。その本に触れた瞬間、本の中から何かが現れ御伽グリムに襲いかかってきた。

実はグリム兄弟は童話の悪魔(メルヒェン)から話を聞く代償として、子孫の御伽グリムの命を差し出す約束をしていたのだった。命を狙われる御伽グリムは童話の悪魔(メルヒェン)と戦う事を決める。

登場人物・キャラクター

御伽 グリム (おとぎ ぐりむ)

14歳、4月4日生まれ、血液型B型、身長156cm、体重43kg。グリム童話を編纂したグリム兄弟の子孫。ハーフだが、日本育ちで日本語しか話せない。関西弁を話す。家庭の事情で幼い頃から地方を転々としていて転校続き。そのため授業についていけないので成績は悪い。親しい友達などもおらず、誰からも連絡がこないので、携帯も家の電話もない。 母の死後、1度も会った事のない父から手紙が届き、幽霊屋敷と言われている大きな屋敷に1人で暮らす事になった。先祖が交わした勝手な約束のせいで童話の悪魔と戦う事になり、グリム童話原本に童話の悪魔を封印する童話使いになる。

シンデレラ

童話の悪魔の1人。外見年齢は21歳、身長182cm、体重67kg。掃除好き。目と髪は灰色で、ガラスの靴をはいている。長い髪の青年の姿をしており、苛められるのが大好きなドM。ある人の命令で、御伽グリムが戦うなら守り、そうでないならその魂を自分のものにしていいと言われている。御伽グリムのことを「我が神(ドミネ)」と呼び仕える。 ガラスを操る能力を持つ。御伽グリムが通う学校の清掃員をしている。御伽グリム以外には興味がなく冷たい。童話の悪魔を憎んでいて、すべての童話の悪魔を消し去りたいと思っている。

初柴 ひより (はつしば ひより)

転校したばかりの御伽グリムに初めて話しかけたクラスメイトの女の子。14歳、5月13日生まれ、血液型O型、身長164cm。家が柔道の道場で黒帯で怪力だが、その事実は恥ずかしいから隠している。しかし近所では初柴道場のマッスル一家として有名で、父は修行で3mのヒグマを倒したとか、兄は初柴ひよりに近づく男子を闇に葬るという噂がたっている。 御伽グリムのように、迷わず友達の事を助けられるヒーローみたいな人になりたいと思っている。巨乳。

反町 勇馬 (そりまち ゆうま)

御伽グリムのクラスメイト。13歳、10月25日生まれ、血液型AB型、身長168cm、体重52kg。人に頼られるのは悪い気がしないという動機から、学級委員に立候補した。成績優秀でスポーツ万能。部活はサッカー、陸上、バスケをかけもちしていて、頼まれれば助っ人もしている。1年の途中で今の学校に転校してきて、前の学校では先輩を10人、病院送りにしたという噂がある。 長靴を履いた猫のプロデュースするという力で御伽グリムの代わりに新たに童話使いとなる。

ブレーメンの音楽隊 (ぶれーめんのおんがくたい)

童話の悪魔の1人。身体がロバで、ニワトリの羽がはえ、尻尾は犬で、話す言葉の語尾に「ニャ」とつける生き物。変な生物だったからと捨てられ、その恨みがつのって悪魔になった。自分の影を自由に操る事ができる。御伽グリムに敗れ、力のほとんどを封印された。その後御伽グリムと共に暮らすようになる。

白雪姫 (しらゆきひめ)

童話の悪魔の1人。外見年齢は17歳、身長174cm、体重54kg。自分の血から毒を作り出す能力をもつ。美しい自分が大好きなナルシスト。白雪姫の実の母親は、白雪姫を産んだせいで自分は老いて醜くなったと思い白雪姫を嫌っていた。母は毎日、白雪姫を鏡に向かわせて、お前はトカゲのように醜いと言い続けたことで、白雪姫は鏡を見ることができなくなった。 御伽グリムと初柴ひよりのアイデアで、眼鏡をかけたら鏡を見る事ができるようになった。

赤頭巾 (あかずきん)

童話の悪魔の1人。外見年齢は23歳、身長186cm、76kg。右目に眼帯をし、胸に狼のマークがついている。銃を所持して戦う。満月の夜に理性の無い人狼になるという呪いにかかっている。御伽グリムの心臓を持ってくればその呪いを解く方法を教えるという約束を長靴を履いた猫としている。 そのため御伽グリムを狙っている。

長靴を履いた猫 (ながぐつをはいたねこ)

童話の悪魔の1人。外見年齢は32歳、身長177cm、体重62kg。猫田耀三の名前で音楽プロデューサーとして働いている。反町勇馬を童話使いの代役に仕立てて、無力化した御伽グリムの心臓をいただこうという計画を企てる。

ラプンツェル

童話の悪魔の1人。外見年齢は15歳、身長158cm。長い髪の女性の姿をしている。髪を自在に操って戦う。長年塔の上に閉じ込められていたため高所恐怖症。長靴を履いた猫のプロデュースするという力で新たに童話使いとなった反町勇馬によって本に封印され、反町勇馬の命令によって御伽グリムを襲う。

グリム兄弟 (ぐりむきょうだい)

言語学・民俗学など、たくさんの学問を修めた天才。学問を究めていくうちに魔術のたぐいを会得し、他者の記憶を読み取るような術を使えるようになった。また、長く生きたり、見た目を変えることもできる。兄はヤコブ・ルートヴッヒ・カール・グリムといい、御伽グリムの父親。弟はヴィルヘルム・カール・グリムといい、御伽グリムの叔父で先祖にあたる。 弟のほうは見た目は御伽グリムに瓜二つ。兄のヤコブはずっと弟のいいなりだったが、御伽グリムの母である詩織を愛し、御伽グリムをもうけたことだけは唯一自分で決めた事だった。実在した兄弟、ヤコブ・ルートヴッヒ・カール・グリムとヴィルヘルム・カール・グリムがモデル。

森 ミチル (もり みちる)

御伽グリムのクラスメイト。髪を左右に結んだ巻き髪をしている。桐島遙といつも一緒にいる。初柴ひよりが友達がいなくて1人ぼっちだったところに声をかけて友達になった。しかし初柴ひよりが家のことや怪力のことを隠そうとしたことで、「自分たちはそんなことを隠さないといけない仲なのか」と腹を立て、彼女のことをこき使う仲になってしまった。 家事はあまり得意でないのか、ジャガイモの皮はあまり上手にむけない。

桐島 遙 (きりしま はるか)

御伽グリムのクラスメイト。ショートボブで前髪を編みこんでまとめている。森ミチルといつも一緒にいる。初柴ひよりが友達がいなくて1人ぼっちだったところに声をかけて友達になった。しかし初柴ひよりが家のことや怪力のことを隠そうとしたことで、「自分たちはそんなことを隠さないといけない仲なのか」と腹を立て、森ミチルと共に彼女のことをこき使う仲になってしまった。 家は駅前にあるケーキ屋で自家製のジャムなども売っている。

その他キーワード

童話の悪魔 (めるひぇん)

『独裁グリムワール』で使用される用語。童話に登場する当事者で、グリム兄弟に童話の元となる話を伝えた者たち。それぞれ固有の能力を持ち、ブレーメンの音楽隊は影、シンデレラは鏡、白雪姫は毒などがある。グリム童話原本に完全に封印されると自分の意思は無くなり、本の持ち主が命令した行動しかできなくなる。童話の悪魔同士が戦っても死なない。

グリム童話原本 (ぐりむどうわげんぽん)

『独裁グリムワール』で御伽グリムが童話の悪魔を封印するために使用する本。普通の人にとってはただの童話だが、グリム兄弟の子孫のみ魔導書(グリムワール)として扱う事ができる。この能力を持つ者のことを「童話使い」と呼ぶ。

書誌情報

独裁グリムワール 全3巻 メディアファクトリー〈MFコミックス ジーンシリーズ〉 完結

第1巻

(2011年11月26日発行、 978-4840140737)

第2巻

(2012年4月27日発行、 978-4840144636)

第3巻

(2012年9月27日発行、 978-4840147316)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo