獣の槍

獣の槍

うしおととら(漫画)に登場する武器。読みは「けもののやり」。

登場作品
うしおととら(漫画)
正式名称
獣の槍
ふりがな
けもののやり
関連商品
Amazon 楽天

概要

蒼月潮が実家である光覇明宗に属する寺院・芙玄院の地下蔵から発見した妖怪退治用の槍。使用すると髪の毛が一気に伸び、獣のような俊敏な動きが可能になり、治癒能力も格段に向上する。古代中国で白面の者に恨みのある鍛冶師ギリョウが、妹のジエメイを人身御供にして造ったもので、白面の者に対する怨みや憎しみが込められている。

獣の槍自体が意思を持っており、その時代に合わせて使い手を選ぶ。また、その使い手は凄まじい戦闘能力と引き換えに、己の魂を獣の槍に捧げねばならず、魂をすべて与えてしまったものは己を失い、ただの獣のような存在に成り下がってしまう。妖怪たちがその身で作った封印の赤い布が巻きつかれており、それを解くと獣の槍の力が格段に上昇するが、削られる魂もそれに比例して大きくなる。

登場作品

うしおととら

世界観主人公の蒼月潮が住んでいるのは架空の都市である東京都みかど市。高いビルなどがあまりなく、自然も数多く残っていることから、都心部から離れた郊外に存在していると見受けられる。また、潮の住む芙玄院は、... 関連ページ:うしおととら

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
うしおととら
logo