王狼伝

王狼伝

タイムスリップでジンギス・カンの統治する13世紀に飛ばされた歴史学者伊波が、源義経からジンギス・カンを引き継ぎ、歴史改変を阻止しようと奮闘する。源義経=ジンギス・カン説を取り入れた歴史バトル漫画『王狼』の続編。ジンギス・カンの死まで描かれているが未完である。原作武論尊、作画三浦建太郎。

概要

タイムスリップで13世紀モンゴル帝国が統治する西夏に飛ばされた伊波が、源義経からジンギス・カンを引き継いだ。伊波は自身に訪れる死の瞬間まで歴史を守ろうと決意。自身の素性を明かして、ベンケイフビライが自身を超える大王狼となるようにと、我が息子フビライを託す。カラ・キタイ国を攻略。

1225年、難攻不落のホラズム・シャー朝の最後の砦攻略中に、すでに砦内を掃討した赤狼兵を統率したフビライと再会する。1227年西夏が反乱を起こす。その軍隊の先頭を行くのは、現代からタイムスリップしてきた中国軍の戦車部隊だった。

登場人物・キャラクター

源義経からジンギス・カンの称号を託された、現代人の歴史学者伊波のこと。ジンギス・カンが死を迎える1227年まで、歴史改変が行われないように行動している。自身の素性を明かして、ベンケイにフビライが自身を... 関連ページ:ジンギス・カン

かつて源義経と共に戦い、大陸へと乗り出してモンゴル帝国を築いた隻腕の将軍。その正体は武蔵坊弁慶。ジンギス・カンが現代人であり、今後起こるであろうことを熟知していることを知らされる。情に厚い自身の心を鬼... 関連ページ:ベンケイ

絵画や書物に関心を持つ少年。歴史同様に王として君臨するべく、ジンギス・カンとベンケイによって鍛えられる。5歳の折、狼の群れの襲撃に遭い、ボス狼を仕留めたことがきっかけで戦士として覚醒する。荒くれ者の集... 関連ページ:フビライ

1215年に無血開城となった金国の燕京の守備隊隊長。戦わずして開場するのは恥辱であると感じ、単身ジンギス・カンに戦いを挑む。息子フビライの胆力を鍛えるためと称し、右腕にフビライを抱えたジンギス・カンと... 関連ページ:ワン

ゴデムを長とするウィグル族の千戸兵を指す。蛮族上がりのため、モンゴル帝国軍の中でも統率されることを嫌い、勝手気ままに行動する蛮兵軍である。長として赴任したフビライに従うことを拒否したが、いともたやすく... 関連ページ:赤狼兵

赤狼兵の長。フビライの配下となることを拒む。さらってきた女子供を凌辱するなど非道の限りを尽くしてきた。フビライによって斬首され、絶命する。 関連ページ:ゴデム

ホラズム・シャー朝の最後の砦の牢獄に幽閉されていた3歳の子供。のちに日蓮上人となる。安房の国生まれで一歳にしてすでに書を読むことができた。神童ぶりが目に留まり、幕府の招きで鎌倉へと向かう船が遭難し、南... 関連ページ:リッショウ

軍に反乱を起こして、戦車を奪い脱走した集団を指揮する。タイムスリップで13世紀に現れた現代の中国軍の指揮官。ジンギス・カンの歴史改変阻止のための休戦協定を拒否して、世界征服を夢見る。フビライのもたらし... 関連ページ:中国軍指揮官

西夏の反乱軍へ、休戦協定のためにジンギス・カンが使わせた使者。中国軍の圧倒的な力を眼前にして、常に強き者につき、強き者と歩み続けるモンゴル民族の信条に則って、モンゴル帝国に反旗を翻す。ジンギス・カンに... 関連ページ:シムラン

その他キーワード

千戸制

『王狼伝』に登場する用語。モンゴル軍が誇る戦闘陣形を指す。百人の兵からなる百戸の小隊を組織し、その小隊を十個集めて千戸とし、さらに千戸の部隊を十個集めて万戸とする。それぞれに長を置いて統制する。これに... 関連ページ:千戸制

SHARE
EC
Amazon
logo