生活安全課“分室”

SILENCER(漫画)に登場する警視庁の組織。読みは「せいかつあんぜんか ぶんしつ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
SILENCER(漫画)
正式名称
生活安全課“分室”
ふりがな
せいかつあんぜんか ぶんしつ

総合スレッド

生活安全課“分室”(SILENCER)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

痴漢対策や不法投棄の取り締まりといった地域防犯を扱う生活安全課に対し、分室にはヤクザや暴力団が絡む案件が割り当てられている。しかし、実際は伊波建也によって私物化されており、彼の金儲けの手段として利用されている。上司に対しても平気で銃を向ける桂木静も、水沢栄造の判断で同課に配属される。

表向きには閑職という位置づけであるためか、部署は物置きにあり、日当たりも悪い。

登場作品

サイレンサー付きの拳銃をこよなく愛し、「毒を持って毒を制す」のポリシーで犯罪を暴く女性刑事の桂木静は、ニューヨーク市警での研修を終えて警視庁の吹き溜まり生活安全課“分室”へ配属される。そこで静がコンビ...