白鳥麗子でございます!

白鳥麗子でございます!

プライドが高く、高飛車で見栄っ張りなお嬢様・白鳥麗子が、麗子に健気な想いを抱く真っ正直な青年・秋本哲也との幸せを掴むまでの、波瀾万丈な同棲生活を描いたラブコメディ。金持ちと一般人、美人とブスのギャップを徹底的に茶化しつつ、ステイタスや外見に囚われない真実の愛を掴む、麗子の心の成長が軸になっている。1989年、第13回講談社漫画賞少女部門受賞作品。続編の『新・白鳥麗子でございます!』も発表されているが、未完。

正式名称
白鳥麗子でございます!
作者
ジャンル
ラブ・コメディ
レーベル
講談社漫画文庫(講談社)
巻数
全4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

伊豆下田の裕福な家庭で生まれ育った白鳥麗子は、超美人で高飛車なお嬢様。高校生の時、片思いをしていた秋本哲也に告白されたのにも関わらず、見栄っ張りな性格が災いして不本意ながら振ってしまったことを後悔し、東京の大学に進学した哲也を追って上京。しかし天より高いプライドが邪魔をして、素直に気持ちを伝えることができない。

哲也は、思わせぶりな態度を取りながらも、肝心な所で好意を否定する麗子の気持ちを掴みきれず、二人はすれ違ってしまう。同級生の京子の取りなしで、ようやく麗子の本意を知った哲也は、見合い結婚のため田舎に帰った麗子を迎えに行き、東京で同棲生活をスタートさせる。

ところがそれは、初心で世間知らず、おまけに思い込みが激しい麗子が巻き起こす、波瀾万丈な生活の始まりだった。

登場人物・キャラクター

主人公

伊豆下田にある白鳥建設の社長令嬢で、19歳無職。誰もが羨む美貌の持ち主で、本人も美人であることを非常に誇りに思っており、他人に対して高飛車な態度を取る。秋本哲也に純粋で一途な想いを寄せていたが、周囲に... 関連ページ:白鳥 麗子

N大学芸術学部所属の大学生で、東京・江古田の風呂なしアパートに住んでいる。白鳥麗子の想い人で、幼稚園の頃からの幼なじみ。嘘がつけない真っ直ぐな性格をしており、同級生が麗子を「ブス」と言っていじめる中、... 関連ページ:秋本 哲也

白鳥麗子と秋本哲也の高校時代からの同級生で、高飛車で見栄っ張りな麗子の性格を知り尽くした、よき理解者。秘かに哲也に想いを寄せていたため、哲也が麗子に告白した時にわざと悪口を言い、二人の仲を邪魔した。高... 関連ページ:京子

秋本哲也の友人で、N大学芸術学部の大学生であり、バスケットボール部の部員。大学の講義中に、哲也の隣に座っていた白鳥麗子に目を止め、声をかける。麗子の態度から哲也への好意をいち早く見抜き、京子との仲を取... 関連ページ:高田

秋本哲也と同じN大の大学生で、バスケットボール部のマネージャー。哲也に好意を持っており、バスケット日本リーグ戦のチケットを持って哲也の部屋の前で待っていた時に、白鳥麗子と対面する。お人好しで泣き虫な、... 関連ページ:里子

そば屋のバイトで出前を届けに来た白鳥麗子と、初対面から張り合っている大学生のお嬢様。同棲していた恋人・トオルと麗子のデート現場を目撃し、自宅マンションからトオルを追い出す。麗子の金持ち美人オーラにも気... 関連ページ:かきつばたあやめ

白鳥麗子と張り合うお嬢様・かきつばたあやめの恋人。しかしその実態は、あやめの財力で養われていた、ヒモ同然の浮気性な男。麗子との浮気未遂現場をあやめに見つかり、マンションを追い出されてしまう。その後、麗... 関連ページ:トオル

秋本哲也が、上京後に付き合っていた女性。高校卒業後すぐに結婚することが夢だったため、大学生になったばかりの哲也と付き合うのが切なくなり、自ら別れを切り出していた。白鳥麗子とのプラトニックな同棲生活に悩... 関連ページ:順子

コーチ

秋本哲也が所属する、N大学芸術学部バスケットボール部のコーチ。美人の奥さんと、せっちゃんという娘がいる。ヤクザのような風体で、やや乱暴な性格をしているが、部員からは慕われている。

秋本哲也が家庭教師のバイトで受け持った生徒で、16歳の女子高校生。哲也の恋人の座を狙っており、白鳥麗子を慕うふりをして無理難題な要求を叶えてもらうなど、ずる賢い手段で哲也と麗子の仲を裂こうとする。掃除... 関連ページ:

白鳥麗子の実家で働いている、お手伝いさん。幼少期から麗子の面倒を見ており、麗子のためを思って行動する優しい性格をしている。婚約者・善慈道わたると8月6日に結婚式を行う予定だったが、その幸せを嫉む麗子が... 関連ページ:うずまき

集団・組織

白鳥建設

『白鳥麗子でございます!』に登場する会社。白鳥麗子の父が経営する、建設会社。使用人が何十人もいる豪邸に住み、金持ちを鼻に掛けている態度を取っていることから、悪徳会社と陰口を叩かれており、秋本哲也の祖父... 関連ページ:白鳥建設

場所

伊豆・下田

白鳥麗子の出身地。東京駅から新幹線こだまに乗って熱海駅で降り、伊豆急行に乗り換えて約150分で到着する、近場の避暑地。夏には海水浴客が大勢訪れ、海岸は幸せなカップルで賑わう。秋本哲也に振られた麗子が、腹いせにサメの背びれを身につけて海水浴場で泳ぎ、幸せカップルを破局の渦に叩き込んだこともある。

その他キーワード

神田川

『白鳥麗子でございます!』の主人公白鳥麗子が、銭湯で秋本哲也が出てくるのを待つ間に口ずさんでいた、昭和の名曲。貧乏ながらも、寄り添い合って生きる若い男女の幸せを歌った内容で、自分の境遇を歌に重ねた麗子が、幸せに酔いしれるために好んでいた。

書誌情報

白鳥麗子でございます! 全4巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(2000年11月発行、 978-4062608213)

第2巻

(2000年11月発行、 978-4062608220)

第3巻

(2000年12月発行、 978-4062608237)

第4巻

(2000年12月発行、 978-4062608244)

SHARE
EC
Amazon
logo