相原 こずえ

火消し屋小町(漫画)の登場人物。読みは「あいはら こずえ」。別称、副委員長。

  • 相原 こずえ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
火消し屋小町(漫画)
正式名称
相原 こずえ
ふりがな
あいはら こずえ
別称
副委員長

総合スレッド

相原 こずえ(火消し屋小町)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

主人公・南夏子浪花市消防学校時代の同志。21歳。優等生でプライドが高いので、からは副委員長と呼ばれている。本気で消防士に憧れ、熱意を燃やす。成行きで入学し、外見、態度ともにチャラチャラしたに反感を抱き、はじめは激しくぶつかっていたが、訓練で苦悩を共にするうちに絆を深めていった。

卒業後は畑山出張所に派遣されるが、とは現場でよく一緒になり力を合わせている。

登場人物・キャラクター

今どきの21歳。入社直前に就職先の証券会社が倒産してしまい、将来安心な公務員という理由だけで消防吏員に志願する。事務の多い予防課を希望していたが、全寮制の浪花市消防学校で本格的な訓練を言い渡される。楽...

関連キーワード

主人公・南夏子が学んだ養成機関。市の試験を通った消防士の卵たちが半年間基礎を学ぶ場所。学生は地方公務員としての給料を貰いながら、学生という立場で訓練を受ける。全寮制で土日のみ帰宅できる。いままでは男子...

登場作品

入社予定の会社が倒産してしまい、成行きまかせで消防吏員に応募してしまった主人公・南夏子。当然事務作業の多い課に配属されると思っていたのだが、その年、浪花市消防学校には新たに女性寮ができ、南はその第一期...