石堂 咲之進

石堂 咲之進

あさぎ色の伝説(漫画)の登場人物。読みは「いしどう さくのしん」。

登場作品
あさぎ色の伝説(漫画)
正式名称
石堂 咲之進
ふりがな
いしどう さくのしん
関連商品
Amazon 楽天

概要

本名は石堂桜子。「菊一文字」で初回登場した時は、篠原咲之進と呼ばれていた。会津藩士・石堂守之助の娘で、芹沢鴨と親交があった。芹沢を粛清した新撰組を憎み、その仇を討つべく男装して入隊する。しかし、沖田総司の人柄に触れ、芹沢鴨が粛清される一因となった乱行ぶりや彼が荒れた理由を聞かされ、復讐を思いとどまり会津へと戻る。

神道無念流の剣の使い手で、その腕前はかなりのものだった。

登場作品

あさぎ色の伝説

沖田総司を主役に据え、江戸にいた試衛館時代から京へと上洛し新撰組として活躍するまでを描く。物語は、清河八郎の勧誘に乗り上洛した話以外に有名な歴史エピソードは使用せず、沖田や土方歳三の日々に起こる事件や... 関連ページ:あさぎ色の伝説

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
沖田 総司
土方 歳三
芹沢 鴨
角兵衛獅子の娘
本間 丈太郎
場所
試衛館
logo