神かくし

神かくし

12年前に弟を神隠しで失った男と、その弟とちょうど同じ年の少年との出会いから始まる時代劇。恐るべき神入山を舞台に繰り広げられる2つのエピソード。「あすか」1985年11月号から1986年1月号にかけて掲載された。

正式名称
神かくし
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ、人間ドラマ
レーベル
秋田文庫(秋田書店)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

郡奉行に任ぜられ、江戸から4年ぶりに故郷へ戻ってきた藤堂主計は、両親の墓参りに訪れた寺でどことなく母に似た少年・瀬ノ尾千冬と出会う。藤堂にはかつて8つ年下の弟「京也」がいたが、12年前、神隠しが起こるとして忌み嫌われている神入山(かみいりやま)で行方不明となっていた。京也も母に似た顔立ちだった。後日、親友である波岡が師範代を務める真貫流道場を訪れると、そこに千冬の姿があり、藤堂に手合わせを申し込んでくる。

藤堂は快く相手をするが、なぜか千冬は藤堂に対してすさまじいほどの殺気を放っていた。(エピソード「神かくし」)

登場人物・キャラクター

主人公

エピソード「神かくし」に登場する。幼名は達也。郡奉行に任ぜられ、江戸から4年ぶりに故郷へ戻ってきた23歳の男性。11歳の時、神隠しが起こるとして忌み嫌われている神入山(かみいりやま)にて当時3歳の弟「... 関連ページ:藤堂 主計

夏彦

エピソード「神入山(神かくしPART.2)」に登場する。美しい黒髪の青年。祖父母のことを「檀の家」と発言していることから、前作『神かくし』に登場した檀雪乃の家系の子孫と思われる。祖父母から近寄らないようにと言われていた神入山(かみいりやま)に入り、UFOを目撃する。

波岡

エピソード「神かくし」に登場する。藤堂主計の親友。真貫流道場の師範代を務める男性。妻の松代、まだ幼い息子の小太郎と3人で暮らしている。かつて藤堂と共に「真貫流道場の龍虎」と呼ばれた。藤堂のことを思いやり、弟の死を受け入れるよう進言する。

瀬ノ尾 千冬

エピソード「神かくし」に登場する。15、6歳に見える美少年。波岡が師範代を務める真貫流道場に通っている。鋭い太刀を使うが、身体が細くて体力もなく、すぐにバテてしまう。道場に現れた男が藤堂主計であることを知ると、殺意を剥き出して手合わせを申し出てくる。

エピソード「神かくし」に登場する。家老の娘で、城下でも評判の美人。おしとやかで照れ屋。顔を赤らめながら、手作りの杏の砂糖漬けを藤堂主計のもとへ届けにきた。自宅を訪れた藤堂にお茶を出そうとした際、着物の... 関連ページ:檀 雪乃

SHARE
EC
Amazon
logo