神代 叉栄

東京喰種(漫画)の登場人物。読みは「かみしろ まさたか」。別称、鯱。カネキとはライバル関係。

  • 神代 叉栄
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
東京喰種(漫画)
正式名称
神代 叉栄
ふりがな
かみしろ まさたか
別称

総合スレッド

神代 叉栄(東京喰種)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

元6区のリーダーで、CCGから強力な喰種であることを表すSSレートに区分されている。喰種収容所に収監されていたが、好戦的な喰種の集団・アオギリの樹の収容所襲撃によって脱走に成功。その後はアオギリの樹の一員として活動するように。若い頃より人間の道場で修行を積んだ武道の達人であり、カネキとの対決でも圧倒的な力の差を見せ付けた。

喰種としての能力タイプである赫子は尾赫で、攻守ともに隙のないバランスのとれた能力を有している。

登場人物・キャラクター

上井大学文学部国文科に通う大学生。読書好きなごく普通の青年であったが、喰種であるリゼの臓器を移植されたことで半喰種となってしまう。人肉を欲するなど喰種としての性質を持つようになったことに苦悩するも、2...

関連キーワード

『東京喰種』に登場する組織。隻眼の王と呼ばれる強力な喰種をリーダーとし、喰種も人間も力で支配するという理念の下に結成された喰種集団。極めて好戦的かつ残忍な集団で、カネキたちとは敵対関係にある。また、C...

登場作品

人肉を喰らう怪人・「喰種」がはびこる東京。ごく平凡な大学生であった主人公の金木研(カネキ)は喰種のリゼに襲われ瀕死となるが、鉄骨の落下によりリゼが倒れたことで九死に一生を得る。だが、搬送された病院でリ...