神野 多々里

不思議のたたりちゃん(漫画)の主人公。読みは「かみの たたり」。別称、タリー。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
不思議のたたりちゃん(漫画)
正式名称
神野 多々里
ふりがな
かみの たたり
別称
タリー

総合スレッド

神野 多々里(不思議のたたりちゃん)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

植物や昆虫、時には墓地の死者も気遣う優しい女子中学生。美術、音楽が好きで、家庭科が得意だが、とろいところがあり体育は苦手。水泳の居残り特訓を受けたことも。そのほかにも、英語、国語、数学なども苦手。春になると花粉症を発症する。授業の休み時間は教室の中で、クラスメイト分の身代わり雛やてるぼうずを手作りしたりすることも。

祖父・太助おじいちゃんと祖母・お黄楊おばあちゃんからもらった日記を毎日つけているが、実際の出来事とは少し異なり、希望や夢を書いている。生まれたときからいじめを受けるたび、いじめっ子に祟りがおきている。小学6年生のとき、友ちゃんという女の子と文通をしており、彼女からタリーと呼ばれていた。

父は神野裁紀。母は神野伊香里。

関連キーワード

神野多々里が通う中学校。
神野多々里が6歳のとき、祖父・太助おじいちゃんと祖母・お黄楊おばあちゃんにもらった日記帳。毎日持ち歩いて、休み時間などに出来事を書いているが、実際の出来事とは少し異なる希望や夢を書いている。何度か友だ...

登場作品

天国中学に通う中学生神野多々里は、植物や昆虫、時には墓場の死者も気遣う優しい女の子。しかし、見た目や名前のせいでいつもいじめられている。いじめをした相手は、何かしらの祟りがおこる。