童峰

童峰

瑪羅門の家族(漫画)の登場人物。読みは「どうほう」。

登場作品
瑪羅門の家族(漫画)
正式名称
童峰
ふりがな
どうほう
関連商品
Amazon 楽天

概要

表向きは武道道場「魔修羅館」館員であるが、裏の顔は陳霊峰の部下で魔修羅一族の総本山が放った刺客の1人である。古代インドの僧侶達が神事の際に使う笛「ナタラージャ」を使って人を自由に操り、記憶も消すことが出来る魔修羅秘法儀「魔笛開明骲」の使い手である。また、インドの奥地に生息する「アガスティヤ」という吸血蛾を操ることも出来る。

登場作品

瑪羅門の家族

瑪羅門龍は、瑪羅門寺に住む変わり者一家である瑪羅門家の三男。しかし、瑪羅門一族は裏の顔を持ち、「聖なる力」でイメージ通りの死を与え、法で裁けぬ悪を闇で裁くことを生業としていた。17歳になった龍も「聖な... 関連ページ:瑪羅門の家族

SHARE
EC
Amazon
logo