竹之内 唯一

白暮のクロニクル(漫画)の登場人物。読みは「たけのうち ただひと」。

  • 竹之内 唯一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
白暮のクロニクル(漫画)
正式名称
竹之内 唯一
ふりがな
たけのうち ただひと

総合スレッド

竹之内 唯一(白暮のクロニクル)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

厚生労働省の参事にてして、夜間衛生管理課の責任者。で、少なくとも明治以前から生きているオキナガ。戦争中、瀕死の状態だった雪村魁を見つけ、彼に自らの血を流し込み、オキナガにした。そのことを、恨まれても仕方ないことをしたとして、後悔している。オキナガの社会的地位獲得のために動いている。

登場人物・キャラクター

オキナガ。見た目は少年だが、年は88歳である。厚生労働省の参事、竹之内唯一から依頼を受けて、オキナガに関する事件を解決している。豊富な知識と鋭い思考力を持つ。物覚えも良く、触ったことがなかったパソコン...

関連キーワード

『白暮のクロニクル』に登場する種族。日本には10万人ほど存在するとされ、厚生労働省の夜間衛生管理課によって管理されている。不老不死であり、老衰や病気で死ぬことがなく治癒力も非常に高い。頭部を吹き飛ばさ...
『白暮のクロニクル』に登場する組織。オキナガを管理する、厚生労働省の機関。縮めて「やえいかん」と呼ばれることが多い。オキナガの住居の手配や職業の斡旋なども行う。

登場作品

厚生労働省職員の伏木あかりは、研修として食中毒の現場に立ち入り調査をした際、殺人事件に出くわす。その時居合わせた、厚生労働省参事の竹之内唯一の目に止まり、不老不死の種族オキナガを管理する組織、夜間衛生...