紅伝説

感情が高まると背中に浮き出る鳳凰の印を持つ紅彩香と緋場炎は同じ秘密を持つものとして共鳴し愛し合う。そして彼らを狙う伊賀の一族との戦いが始まった。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
紅伝説
作者
ジャンル
バトル
 
恋愛一般

総合スレッド

紅伝説(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

沢木 崖(紅伝説)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40
御前(紅伝説)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40

新着関連スレッドもっとみる

概要

両親のいない紅彩香は、沢木崖に育てられている。紅彩香は興奮すると背中に浮き出る鳳凰の印があり、転々と逃げ回る生活を送っていた。緋場炎雪王という鳳凰の一族と出会い、伊賀の末裔たちを仲間に取り入れながら、御前とその娘姫御前との最終決戦に向かう。

登場人物・キャラクター

主人公
背中に鳳凰の印を持つ一族の末裔。幼いころから沢木崖に育てられ、身を守るため男子を負かすほどの武道の達人。沢木崖、緋場炎、雪王の間で心が揺れ動くが、緋場炎と結ばれ、強大な力を手に入れる。
紅彩香の母紅操と大学の友人で、彼女を引き取って育てている。紅彩香の保護者であるが恋人のように大切にしている。パチンコ会社勤務。
女好きで紅彩香にしつこくセクハラをするが、同時に好意を寄せている。興奮すると背中に鳳凰が現われる、鳳凰の一族の1人。感情が爆発すると、周囲のものを破壊し炎で焼き尽くす超能力を発する。
紅彩香を狙う伊賀の末裔の1人。緋場炎に顔を傷つけられ、復讐に燃えていたが、後に紅彩香や緋場炎らと行動を共にするようになる。幼い頃雪王に命を助けられた。
紅彩香の母。19歳で結婚し、紅彩香を大学の友人だった沢木崖に託して消息を絶った。
紅彩香を狙う伊賀の末裔の1人。風を操り、岩をも砕く手裏剣の達人。後に紅彩香や緋場炎らと行動を共にするようになる。実は妖子の兄だということが判明する。
雪王と呼ばれ紅彩香を狙う伊賀の末裔の1人。病弱で、看病してくれた紅彩香に心惹かれる。実は背に鳳凰の印を持つ一族の1人だった。紅彩香や緋場炎らと行動を共にするようになる。
伊賀四天王の1人。変装が得意だが、紅彩香の変装だけは緋場炎や沢木崖に見抜かれてしまう。風王早手に好意を寄せていたが実の妹だということが判明する。
絶大な権力を誇る伊賀の頭領。名張商事の社長。姫御前に薬を盛られて死亡する。
香で人を操ることができるくノ一。御前の娘。
紅彩香の高校の同級生で、彼女に好意を寄せている。

集団・組織

『紅伝説』に登場する企業。御前(または姫御前)が経営している伊賀の企業のひとつ。