絶対可憐チルドレン

絶対可憐チルドレン

エスパーたちが世界の政治経済に関わる世界で、最強レベル7の超能力を持つ少女、明石薫、野上葵、三宮紫穂の活躍を描く超能力アクション。いうことを聞かないやんちゃな少女3人をまとめる皆本光一との絆が描かれている。「週刊少年サンデー」2004年39号から4話の集中連載として掲載され、2005年33号から連載開始。物語は小学生編、中学生編と分かれており、2014年39号からは高校生編が連載開始。

あらすじ

小学生編(第1巻~第15巻)

あらゆる分野で活躍するエスパーが増え続けている21世紀。最高ランク「超度7」の日本最強特務エスパーである明石薫野上葵三宮紫穂の三人は、内務省特務機関超能力支援研究局「B.A.B.E.L.」のエスパーチーム「ザ・チルドレン」として活躍していた。彼女達の育成係兼指揮官となった皆本光一は、おませでじゃじゃ馬な彼女達に手を焼きながらも、さまざまな事件や問題を解決していく。そんな中、皆本は予知能力を持つイルカの伊-九号を通して、エスパーとノーマルのあいだで戦争が起こり、薫が「破壊の女王」としてエスパー達のリーダーとなるという未来の予知を見る。さらに「B.A.B.E.L.」と敵対してノーマルを憎む兵部京介が現れ、彼の率いる犯罪組織「P.A.N.D.R.A」と対峙していく事になる。絶望の未来を回避するため、皆本は悩みながらも、仲間と共にさまざまな敵に立ち向かっていく。

中学生編(第16巻~第23巻)

小学校を卒業したエスパーチーム「ザ・チルドレン」の面々は、中学生になって新たな友人、雲居悠里を加え、新しい学校生活を送っていた。のちに薫達のクラスには、かつて裏組織「ブラック・ファントム」に洗脳されていたパティ・クルーや、筑紫澪など犯罪組織「P.A.N.D.R.A」の子供達も転入し、学校生活はさらににぎやかなものとなっていた。思春期を迎えた薫は、徐々に皆本光一を男性として意識するようになり、やがて彼への恋心に気づく事になる。そんな薫達の前に、「ファントム・ドーター」を名乗る謎の少女、ユーリが現れる。「ザ・チルドレン」はユーリが洗脳したエスパー達を解放しながら、徐々に表面化してきた「ブラック・ファントム」との攻防を繰り広げる。

フェザー編(第24巻~第32巻)

任務中に負傷した皆本光一を助けるため、特務機関「B.A.B.E.L.」で封じられていたフェザーが目覚める。彼女はレアメタルのマテリアルに宿って女性の姿になり、皆本の傷を癒す。その姿は、皆本がかつて伊-九号の予知で見た未来の明石薫そのものだった。未来からやって来たというフェザーは、普段は鳥の姿で行動しながら皆本達に協力しつつ、ユーリにも接触するようになる。そんな中、ユーリの正体を悟った兵部京介は彼女と戦い、雲居悠里以外の人格を封印する。その後、裏組織「ブラック・ファントム」の本拠地に乗り込んでギリアムと対峙した兵部は、虚数空間に消え、その人格をフェザーのマテリアルにバックアップする。兵部の人格を宿したフェザーは幼い頃の兵部の姿になり、「京介」として皆本や薫達と共に暮らす事となる。

ファントム・ドーター編(第33巻~第39巻)

明石薫をはじめとした友人の記憶から自分の情報を抹消したユーリは、人格をすべて統合し、雲居悠里の姿となる。そして裏組織「ブラック・ファントム」を離れた悠里は、「ファントム・トレイター」を名乗り、ナイ、ハンゾーと共にギリアムのもとへ乗り込む。しかしギリアムに敗北した悠里は、彼の作り出した催眠幻覚の世界に取り込まれてしまう。そんな悠里の危機を感じ取り、彼女に関する記憶を取り戻した薫は、悠里の本当の正体を知る事となる。薫は悠里を助けるため、仲間と共にギリアムの屋敷に乗り込むが、そこではギリアムに取り込まれて、再び「ファントム・ドーター」となってしまった悠里が立ちはだかる。悠里の強力な催眠幻覚に苦戦する中、京介が消滅し、消えていた兵部京介が復活するのだった。

高校生編(第40巻~第45巻)

高校生になったエスパーチーム「ザ・チルドレン」の面々は、新しいクラスで新しい学校生活をスタートさせていた。また中学生までは明石薫達と同居していた皆本光一は、彼女達と別居する事になる。それぞれの新生活が始まる中、達の新たなクラスメイトとして松風浩一が現れる。彼は幼い頃に「ザ・チルドレン」に救われた過去を持ち、薫達の正体に気づきかけていた。ノーマルでありながら「完全視覚記憶」の才能を持つ松風は、のちに特務機関「B.A.B.E.L.」にその才能を買われ、「ザ・チルドレン」の指揮官候補として薫や皆本をサポートするようになる。そんな松風を疑う兵部京介は、生徒会長として薫達の高校に潜り込むようになり、薫達はさらに騒がしい日々を送っていた。一方、身を隠していたギリアムの暗躍が再開され、裏組織「ブラック・ファントム」のエスパーが再び攻撃を仕掛けてくるようになる。のちに財団で暮らしていた雲居悠里が帰国してメンバーに加わり、さらに強化された「ザ・チルドレン」は、任務をこなしながらさまざまな敵に立ち向かって行く。

ブラック・ファントムの精神汚染編(第46巻~第51巻)

裏組織「ブラック・ファントム」の攻撃によって蕾見不二子が精神汚染されてしまい、特務機関「B.A.B.E.L.」は深刻な内部分裂を起こすようになる。不二子の命令によって皆本光一賢木修二は異動となり、エスパーチーム「ザ・チルドレン」と引き離され、さらに桐壺帝三や柏木朧も精神汚染されてしまう。一方、犯罪組織「P.A.N.D.R.A」では幹部の真木司郎が精神汚染されて組織から離脱し、兵部京介でもその洗脳を解除する事はできずにいた。そして皆本達は仲間の助けを借りて、「ザ・チルドレン」のもとへ戻る事に成功する。再結成された「ザ・チルドレン」は不二子が残していた蕾見文書の助言を頼りに、「ブラック・ファントム」への反撃を開始する。そして賢木が開発した精神汚染解除のワクチンを携え、「ザ・チルドレン」は「P.A.N.D.R.A」と手を組み、不二子達を解放するため「B.A.B.E.L.」に乗り込むのだった。

登場人物・キャラクター

普通の人間。知能指数は飛び抜けて高く、自衛官として肉体訓練も積んでいる。かつては力づくでいうことをきかせていたため、問題児になってしまったザ・チルドレンを使いこなした天才指揮官と仲間内では呼ばれており... 関連ページ:皆本 光一

超能力最高ランク・レベル7の念動能力者(サイコキノ)。コードナンバー「C-01」。建物くらいなら簡単に破壊できる力を持ち、時にはテレポートよりも早く、限界を超えて動くこともある。幼いころは自分の力の制... 関連ページ:明石 薫

超能力最高ランク・レベル7の瞬間移動能力者(テレポーター)。コードナンバー「C-02」。テレポートの距離と回数、運べる質量に長けており、運搬をメインに担当。その他戦闘時には物質内への転送や、上空からの... 関連ページ:野上 葵

超能力最高ランク・レベル7の接触感応能力者(サイコメトラー)。コードナンバー「C-03」。痕跡さえあれば触れるだけで残留思念を読み取ることができ、人間であれば触れることでその心理状態がすべてわかる。今... 関連ページ:三宮 紫穂

「B.A.B.E.L.」の医療研究課の医師で、ザ・チルドレンの担当医。超能力者としてはレベル6の接触感応能力者(サイコメトラー)。同時にサイコキネシスの能力も持ちあわせており、骨折を治すこともできる。... 関連ページ:賢木 修二

超能力者レベル6の念動能力者(サイコキノ)。コードネーム「ワイルド・キャット」。元々中学生だった彼女はおとなしく心優しい少女で、「B.A.B.E.L.」のコネのある学校に通っていた。その能力を見出され... 関連ページ:梅枝 ナオミ

犬神 初音

初登場時14歳。念動力、催眠、遠隔操作、予知を組みわせることで身体能力を狼にすることができる合成能力者。無意識レベルで動物としての身体を用いることができ、嗅覚や動物の感情、言語を理解することができる。補佐として幼なじみの宿木明が彼女の世話をしたり、暴走をおさえたりしている。

「B.A.B.E.L.」の管理官で、発足にも携わっており、日本の政治界、世界の財界人ともつながりのある人物。コードネームは「ザ・スリーピング・スノーホワイト」。ものすごい爆乳で色気ムンムンの美女だが、... 関連ページ:蕾見 不二子

超能力者の世界を作ることを目指す「P.A.N.D.R.A」のリーダー。80歳以上の年齢だが、超能力でテロメアをコントロールすることで若い青年の姿を保っている、強力なエスパー。念動力、精神感応、瞬間移動... 関連ページ:兵部 京介

桃太郎

大日本帝國軍超能力研究員によって超能力者に改造されたモモンガ。精神感応能力や予知能力を持つことで、人間と会話もできる。空気の弾を誘導弾として使うなど戦闘力も高い。拾って命名したのは明石薫。その後兵部京介に引き取られ、一緒にいることが多い。

ザ・チルドレンと同じ年の瞬間移動能力者(テレポーター)。全身ではなく、身体の一部を部分テレポートさせたり、物体を透過したり、素粒子レベルで分割して分身するなど、テレポートを自由な発想で操る少女。研究機... 関連ページ:筑紫 澪

殺し屋集団の中心人物である父「黒い幽霊」が超能力者を利用しようとしたために育てられた少女。コードネームは「黒い幽霊の娘」。ミラージュ、ファントム、雲居悠里の3つの人格を持つ多重人格者。超能力者レベル7... 関連ページ:ユーリ

その他キーワード

B.A.B.E.L.

『絶対可憐チルドレン』に登場する機関。内務省特務機関超能力支援研究局。「BAse of Backing Esp. Laboratory」から「B.A.B.E.L.」と呼ばれている。国内での政治・経済・... 関連ページ:B.A.B.E.L.

P.A.N.D.R.A

『絶対可憐チルドレン』に登場する機関。超能力者を人間が利用するのをやめさせ、人間を滅ぼし、超能力者だけの世界を作るのが目的の反政府組織。リーダーは兵部京介。構成員が超能力者のみのため、非常に強大な力を... 関連ページ:P.A.N.D.R.A

アニメ

絶対可憐チルドレン

数多くの超能力者が軍事、経済、外交など国際競争力の鍵を握っている世界。日本国内でも最高のエスパーである明石薫、野上葵、三宮紫穂の3人の少女は、チームザ・チルドレンとして、政府特務機関の超能力支援研究局... 関連ページ:絶対可憐チルドレン

書誌情報

絶対可憐チルドレン 既刊50巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 連載中

第1巻

(2005年11月発行、 978-4091273710)

第2巻

(2005年11月発行、 978-4091273727)

第3巻

(2006年2月発行、 978-4091200280)

第4巻

(2006年4月発行、 978-4091201270)

第5巻

(2006年7月発行、 978-4091204158)

第6巻

(2006年10月発行、 978-4091205780)

第7巻

(2007年1月発行、 978-4091207081)

第8巻

(2007年3月発行、 978-4091210104)

第9巻

(2007年5月発行、 978-4091210685)

第10巻

(2007年8月発行、 978-4091211675)

第11巻

(2007年11月発行、 978-4091212153)

第12巻

(2008年3月発行、 978-4091213020)

第13巻

(2008年6月発行、 978-4091213976)

第14巻

(2008年9月発行、 978-4091214652)

第15巻

(2008年12月発行、 978-4091215154)

第16巻

(2009年3月発行、 978-4091215987)

第17巻

(2009年7月発行、 978-4091220073)

第18巻

(2009年9月発行、 978-4091217455)

第19巻

(2009年12月発行、 978-4091220288)

第20巻

(2010年2月発行、 978-4091221483)

第21巻

(2010年4月発行、 978-4091222589)

第22巻

(2010年7月発行、 978-4091224194)

第23巻

(2010年10月発行、 978-4091226259)

第24巻

(2010年12月発行、 978-4091227195)

第25巻

(2011年2月発行、 978-4091227829)

第26巻

(2011年6月発行、 978-4091228727)

第27巻

(2011年9月発行、 978-4091232380)

第28巻

(2011年12月発行、 978-4091234308)

第29巻

(2012年1月発行、 978-4091235169)

第30巻

(2012年5月発行、 978-4091236654)

第31巻

(2012年8月発行、 978-4091237934)

第32巻

(2012年12月18日発行、 978-4091240347)

第33巻

(2013年1月18日発行、 978-4091241672)

第34巻

(2013年4月発行、 978-4091242044)

第35巻

(2013年8月発行、 978-4091243669)

第36巻

(2013年10月18日発行、 978-4091244574)

第37巻

(2014年1月発行、 978-4091245533)

第38巻

(2014年4月18日発行、 978-4091246479)

第39巻

(2014年7月18日発行、 978-4091246769)

第40巻

(2014年12月18日発行、 978-4091254146)

第41巻

(2015年3月18日発行、 978-4091257963)

第42巻

(2015年7月17日発行、 978-4091258588)

第43巻

(2015年9月18日発行、 978-4091262271)

第44巻

(2016年1月18日発行、 978-4091264978)

第45巻

(2016年4月18日発行、 978-4091270931)

第46巻

(2016年8月18日発行、 978-4091273291)

第47巻

(2016年12月16日発行、 978-4091274298)

第48巻

(2017年3月17日発行、 978-4091275103)

第50巻

(2017年12月18日発行、 978-4091592484)

第50巻

(2017年12月18日発行、 978-4091278807)

絶対可憐チルドレン :the unlimited兵部京介ベストセレクション 全2巻 小学館〈少年サンデーコミックス スペシャル〉 完結

第1巻 SP総集編

(2013年2月発行、 978-4091242549)

第49巻

(2017年8月18日発行、 978-4091275769)

SHARE
EC
Amazon
logo