群竹 鹿の子

花の美女姫(漫画)の登場人物。読みは「むらたけ かのこ」。別称、ママゼル。美女丸・ソンモール・氏家・ド・ロシュフォールとは親族関係にある。

  • 群竹 鹿の子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花の美女姫(漫画)
正式名称
群竹 鹿の子
ふりがな
むらたけ かのこ
別称
ママゼル

総合スレッド

群竹 鹿の子(花の美女姫)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

美女丸・ソンモール・氏家・ド・ロシュフォール姫丸・カーモール・氏家・ド・ロシュフォールの2つ年下のいとこ。気弱で泣き虫、怖がりな女の子。9歳で両親を亡くし、氏家家にひきとられ、美女丸・ソンモールと姫丸・カーモールを父親・母親がわりとして育った。美女姫のどちらかと結婚する予定ではあったが、転校生として万葉高校にやってきた加賀小太郎と相思相愛の仲になり、婚約後、フランスで結婚式を挙げる。

登場人物・キャラクター

『花の美女姫』の主人公のひとり。姫丸・カーモール・氏家・ド・ロシュフォールの双子の兄。明るい栗色の長髪に青い瞳の日仏クォーターで、祖父方はロシュフォール伯爵家。自他共に認める、性別を超越した美形。身長...

登場作品

美形の兄弟美女丸・ソンモール・氏家・ド・ロシュフォールと姫丸・カーモール・氏家・ド・ロシュフォールは、日仏クォーターの双子。日本を気に入った方が氏家家を継ぐという理由で、祖母方の氏家家の養子となり日本...