聖伝-RG VEDA-

聖伝-RG VEDA-

仏教やヒンドゥー教のベースとなった古代インドの神話を元に、傍若無人な天帝と天界を守護する武神将たちの戦いを描く物語。

概要

先帝を殺害し天界の支配者となった帝釈天の暴虐な治世が続く中、夜叉王は300年前帝釈天によって滅ぼされた阿修羅一族の遺児阿修羅を封印から解き放つ。夜叉王を反逆者と見なした帝釈天によって夜叉一族も滅ぼされ、夜叉王阿修羅とともに帝釈天を打ち倒す旅に出る。

登場人物・キャラクター

主人公

300年前に滅ぼされた守護闘神「阿修羅一族」最後の生き残りで、黄金の瞳と尖った耳を持つ阿修羅王の子。森の奥で脈打つ大木の中に赤子の姿で封印されていたが、夜叉王により封印が解かれた後、急速に成長する。無... 関連ページ:阿修羅

夜叉王

天界最強とされ毘沙門天の下北方の守護の要とされた夜叉族の王だが、阿修羅を庇護する立場となったため帝釈天の怒りを買い、毘沙門天率いる天帝軍によって一族を皆殺しにされる。黒い長髪と、両肩に大きなトゲの生えた胸鎧が特徴。一族最強の者が持つ夜摩刀(やまとう)を武器に持つ。

魔族の証しとされる紫の瞳を持つ旅人で、天界人しかは入れない夜叉族の結界内に現れ阿修羅と夜叉王に出会う。夜叉王しか知らないはずの、九曜が行った星見の内容を知っていた謎の人物で、阿修羅と夜叉王の行く先々に... 関連ページ:孔雀

乾闥婆王

天帝の楽師である乾闥婆一族の長で、琴の名手。身長をはるかに超える長い黒髪を持ち、前髪を切り揃えた華やかな印象の若い女性だが、帝釈天に追われる阿修羅と夜叉王、蘇摩を居城に招き入れる大胆さを持っている。先代乾闥婆王である母親が、夫のいる身でありながら夜叉王に思いを寄せ泣き暮らしていた因縁がある。

先帝の薬師だった蘇摩一族最後の生き残りである、浅黒い肌を持つ女性。一族を帝釈天によって滅ぼされ、逃げ延びたところを乾闥婆王に助けられており、その後吉祥天の下に預けられていたが、乾闥婆王のことを「我が君... 関連ページ:蘇摩

天界の中でも水の豊かな水界を守護する龍族の若き王で、「那伽」は幼名。当初病床の祖父から王位を受け継ぐことを拒んでいたが、手合わせを求め拒まれた夜叉王に同行するため龍王を継ぐ。水界のすべての魔物を封じた... 関連ページ:龍王

迦楼羅王

天空に住む迦楼羅族の女王で、肩にはいつも神鳥金翅鳥(ガルーダ)をとまらせている。帝位簒奪者である帝釈天を憎んでいるが、天界一の歌姫といわれる病弱な妹迦陵頻伽(かりょうびんが)や一族に危害が及ぶことを恐れ従っていた。

天界の支配者である「天帝」と呼ばれる雷神。額に「天眼」と呼ばれる第三の目を持ち、身長以上の長さの白銀の髪が特徴。300年前に毘沙門天とともに謀反を起こし、先代の天帝を倒し即位した。徹底した粛清を行い、... 関連ページ:帝釈天

毘沙門天

天界の北方将軍として帝釈天を護り補佐する存在。増長天、広目天ら四天王のひとりでありリーダーでもあるが、他のメンバーを信用してはおらず間者を放っている。先帝の娘である吉祥天を妻としている。

『聖伝-RG VEDA-』の登場人物で、阿修羅の母親。双子の姉迦羅とともに、阿修羅族の「神女(みこ)」として選ばれた人間の女性。天界に君臨し、神々さえも支配したいと考えた野心家で性格は残忍。阿修羅王の... 関連ページ:舎脂

迦羅

舎脂の双子の姉で、やはり阿修羅族の「神女(みこ)」として選ばれた人間の女性。帝釈天によって阿修羅王が殺害された後、倶摩羅天の妻となり地下世界で修羅刀を守っていた。双子ではあるが舎脂とはさまざまな面で異なり、明るい色の長い髪に浅黒い肌を持ち、性格も優しい。 額には舎脂と同じ宝石がある。

天王

『聖伝-RG VEDA-』の登場人物で、阿修羅の双子の兄だが、父親は帝釈天。封印されていた阿修羅とは違い青年と呼べる年頃に成長している。乾闥婆王に好意を持っておりプレゼントなどでアピールしているが、相手にされていない。

九曜

天界の未来を見定め導く王宮付きの「星見」だが、先帝を殺害し天帝となった帝釈天に300年間逆らい続け逃亡した。級友である夜叉王に最後の星見として「天帝を滅ぼす六星」と阿修羅のことを伝えた後、毘沙門天に殺害される。

場所

天界

『聖伝-RG VEDA-』の舞台である、神々の暮らす世界。帝釈天と毘沙門天を筆頭とする四天王によって恐怖政治が敷かれており、先帝に仕えていた神々も300年の長きに渡って忍従を強いられている。

善見城

『聖伝-RG VEDA-』に登場する舞台のひとつ。天帝の居城。水に見える幻力の結界に包まれた阿修羅城は水面に映る影のように見え、善見城と対になっている。

その他キーワード

修羅刀

『聖伝-RG VEDA-』に登場する剣。創世の頃より伝わる、阿修羅一族の代々の王に受け継がれる伝説の剣で、炎を生みあらゆる魔を焼き尽くすとされる両刃の剣。300年前に阿修羅王が帝釈天に倒された後、地下世界で迦羅が守っていたが阿修羅が受け継ぐ。夜叉王の持つ夜摩刀とは互いに引かれ合う性質を持つ。

書誌情報

聖伝 :RG Veda 全7巻 新書館〈新書館ウィングス文庫 Wings novel〉 完結

第1巻

(2003年12月発行、 978-4403500336)

第2巻

(2003年12月発行、 978-4403500343)

第3巻

(2003年12月発行、 978-4403500350)

第4巻

(2004年1月発行、 978-4403500367)

第5巻

(2004年1月発行、 978-4403500374)

第6巻

(2004年2月発行、 978-4403500381)

第7巻

(2004年2月発行、 978-4403500398)

聖伝 :RG Veda 全5巻 角川書店〈単行本コミックス〉 完結

第1巻

(2011年12月発行、 978-4041200018)

第2巻

(2012年2月発行、 978-4041200810)

第3巻

(2012年5月発行、 978-4041201992)

第4巻

(2012年7月発行、 978-4041202340)

第5巻

(2012年11月発行、 978-4041204351)

SHARE
EC
Amazon
logo