茎道 修一郎

ギルティクラウン(漫画)の登場人物。読みは「けいどう しゅういちろう」。

  • 茎道 修一郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ギルティクラウン(漫画)
正式名称
茎道 修一郎
ふりがな
けいどう しゅういちろう

総合スレッド

茎道 修一郎(ギルティクラウン)の総合スレッド
2016.07.28 18:46

概要

GHQの特殊ウィルス災害対策局アンチボディズ局長。だが、GHQに対して忠誠であることよりもダァトなるものに唆され、新人類の進化とその始祖になるために、一番最初のアポカリプス感染者であるマナとの婚姻を結ぶのを目的として密かに動いていた。白髪混じりのオールバックに、口ひげを生やした容姿は紳士然としているが、その目的は狂気の沙汰といっていい。

自分が新人類の始祖となれるのであれば、全人類が滅んでもいい、と思いっているからだ。だが、結局ダァトに利用されていたことを知らないまま終わる。

登場作品

10年前に起こったロスト・クリスマスと呼ばれるアポカリプス・ウィルスのパンデミックにより、日本はほぼ壊滅。実質支配者であるGHQに対するレジスタンスとして立ち上がった葬儀社に関わり、GHQの最高機密ヴ...