茶の間のラブソング

茶の間のラブソング

高橋留美子が一話完結の形式で描いたコメディ短編。妻を食あたりで亡くした課長が、部下の女性桃井ひとみに対する恋心を暴走させていくさまを、幽霊になった妻のツッコミとともに描く。

正式名称
茶の間のラブソング
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

結婚記念日にを食あたりで亡くした課長は、葬式以降も幽霊となって茶の間に居座り続けるに当惑する。そんな奇妙な毎日の中で、課長は、不思議と家の近所で巡りあうことが多くなった部下の桃井ひとみに対する恋心を募らせていく。

登場人物・キャラクター

課長

商事会社の経理課で課長職につく中年男性。妻とは見合い結婚で結ばれた。地方の大学に通う息子がいる。

結婚記念日の一人宴会により、食あたりで死亡する。この世に未練があるらしく、課長にだけ見え、会話もできる幽霊として茶の間に居座るが、何がこの世の未練なのかは、はぐらかし続けている。

桃井ひとみ

課長の部下として経理課に勤務する女性。入社2年目の新人で、性格もよく、勤務態度も真面目。気になる男性がいるらしい。

SHARE
EC
Amazon
logo