菅埜 鑑

菅埜 鑑

少年は荒野をめざす(漫画)の登場人物。読みは「すがの あきら」。菅埜透とは親族関係にある。

登場作品
少年は荒野をめざす(漫画)
正式名称
菅埜 鑑
ふりがな
すがの あきら
関連商品
Amazon 楽天

概要

菅埜透の10歳年上の兄。絢爛社の文芸誌EGOの編集者をしている。帰宅した時に弟菅埜透の部屋で見かけた狩野都の小説『少年は荒野をめざす』を読み、新人賞に応募させる。デビューした以降も狩野都の担当編集をつとめる。評論家日夏雄高の担当でもある。

関連人物・キャラクター

菅埜透

登場時は浅葱中学校の3年生。クラスでは狩野都、小林靫彦 と共に「三大問題児」と呼ばれ、そのまとめ役になっている。狩野都が好きだが、その心情を良く知るあまり踏み出せないでいた。彼女の書いた小説『少年は荒... 関連ページ:菅埜透

狩野都

ウェーブのかかった腰まで伸びた髪の女子。兄狩野翠は自分が幼い時に亡くなり、それ以来しばらくは自分が男の子だと思っていた。夢見がちでどこか現実感が無く、成長を拒んでいるところがある。登場時は浅葱中学校の... 関連ページ:狩野都

登場作品

少年は荒野をめざす

夢見がちな中学生の少女狩野都は幼い頃自分が男の子だと思っていた。自分によく似た少年黄味島陸のいる蒼陵高校に進学する。共に現実を遠ざけようとしていた二人は、お互いに惹かれながらも危うく揺れ動きながら自分... 関連ページ:少年は荒野をめざす

SHARE
EC
Amazon
logo