葛城 佐保

もっけ(漫画)の登場人物。読みは「かつらぎ さほ」。

  • 葛城 佐保
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
もっけ(漫画)
正式名称
葛城 佐保
ふりがな
かつらぎ さほ

総合スレッド

葛城 佐保(もっけ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

檜原静流の1学年上の友人。静流は芙美の紹介で彼女に出会った。祖母の死を切っ掛けに幽霊や妖怪、死後の世界などに強い興味を抱き始め、関連書籍を読むなどして熱心に研究している。同様の趣味を持つ静流と語り合うことを楽しんでいるが、生真面目で深く物事を考えすぎるために、周りが見えなくなってしまうこともしばしば。

檜原の爺さんに取りつかれていた妖怪を祓われてからは、歴史民俗資料館で彼が開いている勉強会に顔を出すようになった。

登場人物・キャラクター

檜原瑞生の姉。初登場時は中学2年生だが、物語後半で女子高に進学する。神や妖怪など、普通の人には見えないモノを見る「見鬼」の眼を持っている。瑞生と対照的に内向的な性格だが、困っている人を見捨てられない性...

登場作品

姉の檜原静流は妖怪が見え、妹の檜原瑞生は妖怪にとりつかれやすいという、ともに妖怪を呼び寄せやすい性質を持つ姉妹。二人は妖怪が起こす騒動に巻き込まれると、祖父である檜原の爺さんの力を借りながら、なんとか...