蒼月 紫暮

蒼月 紫暮

うしおととら(漫画)の登場人物。読みは「あおつき しぐれ」。蒼月 須磨子、蒼月 潮とは親族関係にある。

登場作品
うしおととら(漫画)
正式名称
蒼月 紫暮
ふりがな
あおつき しぐれ
関連商品
Amazon 楽天

概要

蒼月潮の父親で、光覇明宗に属する寺院・芙玄院の住職。おどけた言動を取ることも多いが、住職らしい厳しさと優しさ併せ持つ初老の男性。厳しい修行により身につけた妖怪退治の術・法術を用い、諸国を巡っての妖怪退治を請け負っており、その礎となる力、法力は、同宗派の中でも随一といえるほどの使い手である。

戦いにおいては僧侶らしく錫杖や、刃のついた宝輪を使用。蒼月潮獣の槍を抜いたことで自身の秘密を打ち明け、死んだと言い聞かせていた妻・蒼月須磨子の真の役割を知るため、蒼月潮を旭川へと一人旅させた。その後、大妖怪・白面の者との戦いが激化すると、光覇明宗の僧たちのリーダー的な立場として、雄々しい姿を見せる。

関連人物・キャラクター

蒼月 須磨子

蒼月潮の母親。旧姓は日崎、獣の槍の誕生に深く関わる女性・ジエメイの血を引く女性で、生まれながらにして強大な法力の持ち主。800年前の戦いにおいて西の海へと逃走した大妖怪・白面の者に対し結界を張るお役目... 関連ページ:蒼月 須磨子

蒼月 潮

不器用で少し暴力的といえるほどに元気だが、他人のことでも涙を流せる優しさを持つ、真っ直ぐな瞳をした中学2年生の少年。絵を書くのが大好きで、美術部に所属しているが、その腕前は今ひとつ。実家である光覇明宗... 関連ページ:蒼月 潮

登場作品

うしおととら

妖怪退治の武器・獣の槍の伝承者に選ばれた少年蒼月潮が、相棒の妖怪・とらとともに、強敵妖怪との戦いを繰り広げ、その絆を深めていく。妖怪をテーマにしたバトルアクション漫画ではあるが、序盤から数々の謎や伏線... 関連ページ:うしおととら

SHARE
EC
Amazon
logo