蒼月 紫暮

蒼月 紫暮

うしおととら(漫画)の登場人物。読みは「あおつき しぐれ」。蒼月須磨子、蒼月潮とは親族関係にある。

登場作品
うしおととら(漫画)
正式名称
蒼月 紫暮
ふりがな
あおつき しぐれ
関連商品
Amazon 楽天

概要

蒼月潮の父親で、光覇明宗に属する寺院・芙玄院の住職。おどけた言動を取ることも多いが、住職らしい厳しさと優しさ併せ持つ初老の男性。厳しい修行により身につけた妖怪退治の術・法術を用い、諸国を巡っての妖怪退治を請け負っており、その礎となる力、法力は、同宗派の中でも随一といえるほどの使い手である。

戦いにおいては僧侶らしく錫杖や、刃のついた宝輪を使用。蒼月潮獣の槍を抜いたことで自身の秘密を打ち明け、死んだと言い聞かせていた妻・蒼月須磨子の真の役割を知るため、蒼月潮を旭川へと一人旅させた。その後、大妖怪・白面の者との戦いが激化すると、光覇明宗の僧たちのリーダー的な立場として、雄々しい姿を見せる。

関連人物・キャラクター

蒼月須磨子

蒼月潮の母親。旧姓は日崎、獣の槍の誕生に深く関わる女性・ジエメイの血を引く女性で、生まれながらにして強大な法力の持ち主。800年前の戦いにおいて西の海へと逃走した大妖怪・白面の者に対し結界を張るお役目... 関連ページ:蒼月須磨子

蒼月潮

不器用で少し暴力的といえるほどに元気だが、他人のことでも涙を流せる優しさを持つ、真っ直ぐな瞳をした中学2年生の少年。絵を書くのが大好きで、美術部に所属しているが、その腕前は今ひとつ。実家である光覇明宗... 関連ページ:蒼月潮

登場作品

うしおととら

世界観主人公の蒼月潮が住んでいるのは架空の都市である東京都みかど市。高いビルなどがあまりなく、自然も数多く残っていることから、都心部から離れた郊外に存在していると見受けられる。また、潮の住む芙玄院は、... 関連ページ:うしおととら

SHARE
EC
Amazon
logo