藤村 大造

多羅尾伴内 :七つの顔をもつ男(漫画)の主人公。読みは「ふじむら たいぞう」。別称、多羅尾 伴内。

  • 藤村 大造
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
多羅尾伴内 :七つの顔をもつ男(漫画)
正式名称
藤村 大造
ふりがな
ふじむら たいぞう
別称
多羅尾 伴内
別称
一代目

総合スレッド

藤村 大造(多羅尾伴内 :七つの顔をもつ男)の総合スレッド
2016.07.27 13:23

概要

七つの顔をもつ男として活躍した探偵。白髪は後退しており、歯も何本かなくなっている老人。年老いて住処を失い、家財道具を唯一の財産であるロールスロイスに詰め込んで、ツアー企画を旅行社に売りながら、細々と探偵を続けてきたという。限界が近いため、跡継ぎを探していた。紙袋順平に心酔して強引に二代目を継がせる。

ただ、「ある時は片目の運転手、ある時は外国航路の船員~、しかしてその実体は正義と真実の使徒」という決めゼリフは自己顕示欲そのものだと紙袋から禁じられた。暴力団の抗争に絡んで、密造銃の取引を妨害しようとする抗争相手の雇った殺し屋の確保を二代目たちと画策したが、目論見が外れて殺害されてしまう。

登場作品

「七つの顔の男」として活躍した名探偵・多羅尾伴内こと藤村大造は、自分の後継者として紙袋順平を得る。二代目といくつか協力して事件を解決した後、一代目は殺し屋の凶弾に倒れて命を落とす。二代目は藤村大造の名...