虚数霊

近未来、震災と富士山噴火によって崩壊した東京を舞台に、骨董品店を営む佐藤レナを描く。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
虚数霊
作者
ジャンル
SF一般

総合スレッド

虚数霊(漫画)の総合スレッド
2016.07.27 13:23

新着関連スレッド

鈴木 千恵子(虚数霊)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.27 13:24
胡蝶(虚数霊)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.27 13:24

新着関連スレッドもっとみる

概要

震災とそれに伴う富士山の噴火によって、南関東一帯が壊滅し、廃墟となった近未来。人間の精神活動を示す虚数値を測定することによって、霊的に祝福されたものを扱う骨董品店楽只堂を経営する主人公の佐藤レナは、相棒のA・Iくうたんと、骨董品を探して廃墟となった都内を散策する日々を送っていた。姉の遺したラリックを頼りに、家族を探そうと楽只堂を訪れた罹災孤児の少年サトルと出会い、レナサトルを引き取ることになる。

登場人物・キャラクター

主人公
東京・北千住で骨董店楽只堂の店主を営む女性。霊的に祝福されたものだけを扱うのが楽只堂の売りであり、商品は震災と富士山の噴火によって荒廃した関東南部から発掘してきたもの。佐藤ヨシヒコという弟を亡くしたこ...
『虚数霊』に登場する人工知能。見かけは15センチほどのクマのぬいぐるみだが、人間と同じように思考し、会話をすることができる。語尾に「~くう」とつける口癖がある。佐藤レナの友人のような存在で、行動をとも...
罹災孤児の少年。地下鉄跡にあるコロニーで生活していた。死別した姉の持っていたラリックを頼りに、両親を探そうと楽只堂を訪れる。その後、楽只堂に住み込みで働くことになる。名字は「藤崎」だが、姉との二人暮ら...
サトルの姉。富士山の噴火時に、自分に性的虐待を加えていた義父と母親を衝動的に殺害、地下で売春を行って生活していたが、不治の病に罹り入院する。それらの事情を、当時まだ幼かったサトルには知らせずに入院した...
「巫女体質」の女子高生。「悪霊憑き」の品物のマイナス値を緩和する能力を持ち、長く身につけたもので護符を錬成することができる。その能力で楽只堂にある「悪霊憑き」の品物を管理するアルバイトをしている。
骨董発掘を生業とする男。「Uくん」はアダ名で本名不詳。東京で大学に通っていたが、富士山の噴火で罹災。手持ちの現金がなくなると廃墟から骨董品を探し、楽只堂に持ち込んで生計を立てている。目利きは悪趣味で、...
佐藤レナの知人で、初老の男性。各地を旅し、陶磁器の破片を集めて復元している。情報通であり、レナのよき相談相手。
中国雑貨店に勤める女性で、シニヨンにチャイナドレス姿。佐藤レナとは友人で、店の近くに胡蝶の住居があることから、ふたりの連絡係も務める。協和語を話す。骨董品の知識はさほどでもなく、楽只堂の店番を頼まれた...
楽只堂の顧客で、在野のUFO研究家。家族に内緒で研究を行っており、資料の書籍を楽只堂で売買している。楽只堂のことは骨董品店ではなく古本屋だと勘違いしている。
推定年齢36歳の男性。サクラビスクに執着し、収集している。楽只堂からサクラビスクを強奪しようとした際、サトルを誘拐。緇衣から協力を求められており、見返りとして様々なサポートを受けている。
わがままな少女。父親からサクラビスクをプレゼントされるが、間違えて安価で売ってしまったものだったために、引き取りに来た佐藤レナと出会う。サクラビスクと引き換えにくうたんを渡すことを要求する。
謎の女性。ニカーブのような目元だけを出す、黒ずくめの服装をしている。強い思念を宿した「悪霊憑き」の品物を使い何らかの計画を進めているが、その目的は不明。佐藤レナの双子の姉であり、瓜二つの顔を持つが、考...

その他キーワード

『虚数霊』に登場する概念。20世紀末に皆川ゆかの書いた小説によって提唱される。人間の精神活動を示す数値であり、物に移った持ち主の愛着などの感情を計測し、キルリアン感知器で品物の価値を測定するために利用...
品物の虚数値を増幅し、測定する機材の総称。霊的に祝福されており、高値で取引されるプラスの虚数値をもつ品物を見つけ出すことができるが、逆にマイナスの虚数値のものを測定するとポルターガイスト現象をも増幅し...