西洋骨董洋菓子店 〜アンティーク〜

西洋骨董洋菓子店 〜アンティーク〜

よしながふみの同タイトル漫画作品『西洋骨董洋菓子店』をアニメ化。無精ヒゲのオーナーやゲイのパティシエなど男性店員しかいない異色の洋菓子店「アンティーク」で起こる、店員や客の織りなすドラマを描く。作品中のスイーツプロデュースは実在する有名パティシエの鎧塚俊彦が手掛けた。

正式名称
西洋骨董洋菓子店 〜アンティーク〜
ふりがな
せいようこっとうようがしてんあんてぃーく
原作者
制作
日本アニメーション・白組
監督
奥村 よしあき
放送期間
2008年7月4日 〜 2008年9月19日
放送局
フジテレビ
話数
12話
ジャンル
グルメ
 
料理人一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

財閥の御曹司で輝かしい経歴を持つ橘圭一郎が商社を辞しケーキ屋を開こうとするが、紹介された天才パティシエは高校時代にひどい振り方をしたゲイの小野裕介だった。二人は和解し、レストランコーナーのある洋菓子店「アンティーク」を開くが、パティシエ見習いで元ボクサーの神田エイジ、ギャルソンにの幼なじみの小早川千影が加わり男性店員のみとなる。

アンティークにてさまざまな客がスイーツを味わうなか、連続児童誘拐事件をきっかけにの過去が甦る。

登場人物・キャラクター

主人公

アンティークのオーナー。東大卒でスポーツ万能、成績トップの営業マンだったが、辞職して洋菓子店「アンティーク」を開く。女性が好きでモテるが未婚の30代男性。ヒゲ面で身もふたもない言動をしがちだが、元財閥... 関連ページ:橘 圭一郎

榊 桜子

あまり容姿に恵まれないがインテリの直木賞作家。合理主義な性格で、40歳近くで子供が欲しくなり、橘圭一郎の家のパーティで出会った小早川千影を見て、自分の頭と千影の容姿を継いだ子が生まれる可能性にかけ、結婚せず榊楓子を産んだ。 楓子にはつらく当たることもあるが、母親としての愛情を持っている。

眼鏡をかけている。フランスで修業し、パリの三ツ星レストランでパティシエを務めたほどの天才ケーキ職人。「魔性のゲイ」と名高く、自身もそれを自覚している。ゲイだけでなくヘテロセクシャルの男性をも夢中にさせ... 関連ページ:小野 裕介

目が弱いためサングラスを愛用している。橘圭一郎の幼なじみで、橘を「若」と呼んでいる。容姿は良いがすべてにおいて無能で、二歳年下の橘に面倒を見られていた。橘の両親の願いもあり、お目付け役としてアンティー... 関連ページ:小早川 千影

榊桜子と小早川千影が結婚せずにできた娘。まだ小学四年生だが胸も大きく背も高く、発育が良く高校生くらいに見える。容姿だけでなく頭も父親の千影に似たため、言動は無邪気で勉強も不得意らしい。父親である千影を... 関連ページ:榊 楓子

フランスで一番有名なパティシエの一人。 小野裕介の師匠にあたり、元恋人でもある。小野とよりを戻そうとしていた。職人としての腕は確かだが暴力をふるうことも多々あり、恋愛においても情熱的ではあるが嫉妬深く... 関連ページ:ジャン=バティスト・エヴァン

世界チャンピオンに輝いた元ボクサーながら、アイドルのような容姿をしており女性に非常にモテていた。口は悪く気性が激しいが、素直な性格。神田ボクシングジムの会長の養子となっていた。網膜剥離]による引退後、... 関連ページ:神田 エイジ

芥川 忠宏

強面の中年男性だがアンティーク」の常連客で、ケーキをこよなく愛している。エリート警察官でありながら、橘圭一郎の誘拐事件の折、犯人を挙げられなかったことが影響し、職を辞している。現在起こっている連続児童誘拐事件の捜査において、ある鑑識の結果から、現役刑事に協力を求められた。

場所

アンティーク

『西洋骨董洋菓子店~アンティーク~』に登場する店の名称。橘圭一郎がオーナーを務め、接客も行なう洋菓子店。元は骨董屋だった店を改装したもの。天才パティシエ小野裕介の作る、こだわりのケーキの販売のほか、小... 関連ページ:アンティーク

クレジット

原作

監督

脚本

高橋ナツコ

作画監督

滝川和男

音楽

羽毛田丈史

アニメーション制作

日本アニメーション・白組

原作

西洋骨董洋菓子店

主人公橘圭一郎がオーナーとして開店した洋菓子店アンティークを舞台に、ゲイのパティシエや元ボクサーのパティシエ見習いなど、さまざまな個性的をもった登場人物を描く。 関連ページ:西洋骨董洋菓子店

SHARE
EC
Amazon
logo