美味しんぼ

美味しんぼ

雁屋哲・作、花咲アキラ・画の同名漫画が原作。1988年から92年にかけて放送されたシリーズ本編の後、同じ放映局の「金曜ロードショー」枠にて2時間スペシャルの単話が2度制作された。捕鯨問題を扱った第27、28話に対し、放送批評懇談会のギャラクシー賞(第27回)のテレビ部門選奨が贈られている。また当時、放映局で現役のアナウンサーだった福留功男が準レギュラーキャラクターの中松警部役で声優をつとめた。

正式名称
美味しんぼ
ふりがな
おいしんぼ
原作者
原作者
制作
シンエイ動画
監督
竹内 啓雄
放送期間
1988年10月17日 〜 1992年3月17日
放送局
日本テレビ
話数
136話
ジャンル
グルメ
 
料理バトル
関連商品
Amazon 楽天

概要

新聞社に入ったばかりの若き女性記者栗田ゆう子は同僚の山岡士郎と共に、社の創立100周年記念事業の担当者に任命される。2人に課せられたのは、文化遺産にふさわしい選りすぐりの料理を決める究極のメニュー作りだった。

いつもはだらしないが食に関しては見事な知識や感覚を発揮する山岡と共に、栗田はさまざまな美食家や料理と出会い、食文化の奥深さ、そしてそれにまつわる社会問題と向き合っていく。

登場人物・キャラクター

主人公

新聞記者。東西新聞社の文化部所属。社内で居眠りばかりしているが、鋭い味覚と豊富な食の知識を備えており、究極のメニュー作りの担当者に任命された。美食家・海原雄山の息子。厳格な父が母親を苦しめ死に追いやっ... 関連ページ:山岡 士郎

谷村 秀夫

東西新聞社の文化部所属。役職は部長。公私とも堅実な人物で、あくの強い上司と部下が騒動を起こすのをいさめる板ばさみ的な役回りにある。社内における山岡と栗田の最大の理解者の1人。 時間のかかる究極のメニュー作りを落ち着いて見守っている。

陶芸や書画の分野で名を馳せる日本美術家。国内有数の美食家でもあり、厳しい条件を満たした者だけが入会できる会員制の料亭美食倶楽部を主宰している。食や美に関して自分にも他人にも妥協を許さない厳格な性格で、... 関連ページ:海原 雄山

唐山 陶人

国内最高峰の陶芸家。陶芸の分野における海原雄山の師匠で、雄山が頭の上がらない唯一に近い人物。高齢だがおとなげないほど元気がよく人当たりのいい好々爺。弟子の息子である山岡を昔から孫のように可愛がってきた。 そのため海原父子の確執を痛ましく見ており、何かと機会をもうけては仲直りを促していく。

新聞記者。東西新聞社の文化部所属。社内では花村とよくつるんでおり、さらに栗田を加えたトリオとして公私にわたり共に行動することが多い。栗田を後輩として可愛がる姐御肌で、山岡が栗田に対して無神経な言動をと... 関連ページ:田畑 絹江

小泉 鏡一

東西新聞社の役員。役職は取締役編集局長。エリート意識が強く、長年のヨーロッパ駐在経験の反動で日本の食文化を軽んじる傾向にあった。当初は究極のメニュー企画に反対していたが、山岡に勧められた日本酒の味に感銘を受けて考えを改め、以降は賛成の立場にまわる。

東西新聞社のトップ。役職は代表取締役社主。自社の創立100周年を記念する事業として究極のメニュー作りを思いついた張本人。時間も予算もかかるのは承知で、山岡たちに美食の追求を任せている。 美食倶楽部の会... 関連ページ:大原 大蔵

栗田 ゆう子

東西新聞社の文化部へ配属された新人の記者。食の専門知識はないが優れた味覚を持ち、究極のメニュー作りの担当者に任命された。溌剌とした性格で、いつもだらけているパートナーの山岡に発破をかける役。 メニュー作りへの挑戦や食に関するさまざまなトラブルを解決していく山岡へ、じょじょに信頼と好意を抱くようになる。

中松

警視庁に勤める警察官。役職は警部。鬼呼ばわりされるほどいかつい風貌で、そばは噛まずにすする江戸っ子気質。あるそば屋台の免許に関わる問題で偶然山岡たちと知り合い、意気投合して親しい友人になっていく。 悪党には厳しいが、情状酌量できる相手には最大限穏当なはからいを下す人情派。剣道と居合い抜きの心得がある。

富井 精一

東西新聞社の文化部所属。役職は副部長。上司にはこびへつらい部下には強気にあたる権威主義者だが、基本的には陽気で調子のいい性格であるため部内ではそれなりに親しまれている。食に関しては感性がやや鈍いのと酒に弱いことからしばしばトラブルを起こしては山岡に助けられている。

経済界の大物。京都で商売をしている。大金が関わる案件を、取り引き相手の出した食事の良し悪しで左右するほどの食通。美食倶楽部の会員で、海原雄山と知己だったため山岡が雄山の息子だと気づく。 米相場で成り上... 関連ページ:京極 万太郎

岡星 精一

料理人。東京・銀座で小規模な和食店を営んでいる。舌の肥えた富豪である京極を質素な定食だけで感動させるほどていねいな仕事をする。その高い腕前を山岡に見込まれ、究極のメニューに加える料理を試作したり人前で披露するさいに調理を手がけるようになっていく。 後に弟が美食倶楽部の料理人になる。

花村 典子

新聞記者。東西新聞社の文化部所属。社内では田畑とよくつるんでおり、さらに栗田を加えたトリオとして公私にわたり共に行動することが多い。田畑と共に後輩の栗田の味方をしてしめあげてくることから山岡には恐れられている。 旅行先で一目惚れした青年が東京で煎餅屋を営んでいるところへ再会して交際が始まる。

場所

東西新聞社

企業名。東京に本社がある全国紙の新聞社。社主じきじきの指示で、創立100周年記念の文化事業として究極のメニューのプロジェクトが立ち上がった。山岡と栗田は文化部に勤めている。発行部数で帝都新聞に抜かれたため、社主が帝都へ強い対抗意識を燃やしている。

美食倶楽部

『美味しんぼ』に登場する飲食店。海原雄山が主催する料亭で、会員制。入会には社会的地位だけでなく、食に関するセンスや見識に優れていることが厳しく求められ、すでに会員になった者でも雄山の一存で即座に退会させられることがある。

帝都新聞社

『美味しんぼ』に登場する企業。東西新聞の競合紙で、部数や企画をつねに争っている。究極のメニューの後追いで至高のメニューの企画を立ち上げた。全国発行部数では東西新聞を抜いてトップ。

イベント・出来事

究極のメニュー

『美味しんぼ』に登場する企画。多彩な飲食材と料理を輸入している日本が後世に残すべき文化遺産として、全国から厳選した究極のメニューを作るプロジェクト。東西新聞社創立100周年を記念し、社主の特別命令を文化部が請けたもの。 部内で行われた味覚テストを経て、山岡士郎と栗田ゆう子が担当者になった。

至高のメニュー

『美味しんぼ』に登場する企画。東西新聞の究極のメニューに対抗して帝都新聞が打ち出したプロジェクト。海原雄山が取り仕切りを引き受けたことにより明確に山岡たちの究極のメニューとの対決姿勢があらわれ、同じテーマでどちらがより美味いメニューを出せるか審査を受ける料理勝負を行うことになる。

クレジット

原作

, ,

監督

脚本

中西隆三

作画監督

河南正昭

音楽

大谷和夫

アニメーション制作

シンエイ動画

原作

美味しんぼ

怠け者だが、食に関して妥協を許さない新聞記者の山岡士郎が、食に関するトラブルを解決したり、父海原雄山との確執を解消していく中で、文化遺産に残るような究極のメニューを考えていく様を描いたグルメマンガ。第... 関連ページ:美味しんぼ

SHARE
EC
Amazon
logo