豆富小僧

京極夏彦の小説『豆腐小僧双六道中ふりだし』を杉井ギサブローが3Dアニメ化したユーモアあふれるファンタジックコメディ。深田恭子、武田鉄矢、松平健など俳優陣が声優を務めている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
豆富小僧
ふりがな
とうふこぞう
原作者
制作
ラピス
公開日
ジャンル
ファンタジー一般
 
ギャグ、コメディ一般
 
冒険

総合スレッド

豆富小僧(アニメ映画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

見越し入道(豆富小僧)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30
芝居者狸(豆富小僧)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30

新着関連スレッドもっとみる

概要

江戸時代に生きる豆富小僧は、妖怪なのに人間を恐がらせることが苦手。冴えない日々に嫌気が差し達磨先生とともに生き別れの母を探す旅に出かける。しかし、途中で狸に捕まりお堂の中に閉じ込められてしまう。

豆富小僧がお堂の外に出た頃には200年もの時が経過していた。豆富小僧は現代の日本で、アイちゃんという少女と出会い自分の良さを見つけてゆく。

登場人物・キャラクター

主人公
お盆に豆腐をのせて立っている妖怪。臆病な性格で人間を驚かすことが出来ず、むしろ人間を恐れている。間抜けな自分を変えるために達磨先生とともに母親を探す旅へ出かける。
豆富小僧のお目付け役。博識で思慮深い。豆富小僧とともに旅に出かける。着物の柄に姿を溶けこませて移動できる。
アイちゃんの母親。亡き夫から研究を引き継ぎ、気象コントロールシステムを開発した科学者。女手一つでアイちゃんを育てるが、仕事が多忙なためアイちゃんを構うことが出来ず寂しい思いをさせている。
豆富小僧の友人。道行く人の袖やバッグを引いて、立ち止まらせる子どもの妖怪。
死期を迎えようとする者の前に現れる神。冗談で豆富小僧を食べようとするお茶目な一面も持つ。
『豆富小僧』に登場する組織。芝居者狸の部下集団で、702番狸をはじめ、大勢の狸が所属しており、妖怪滅亡のために活動している。
気風の良い姉御肌の化け猫。先端が2つに分かれた長い尾っぽを武器にしている。美形の男子には目がない。
芝居者狸の部下組織八百八狸の一匹。芝居者狸に忠実だが、間抜けなところがある。
豆富小僧の姉。姿は着物を来た人間の美少女だが、首と舌が伸びるろくろ首の妖怪。
豆富小僧の父親。妖怪の総大将で、情けない豆富小僧を厳しく叱りつける。
豆富小僧が現代の日本で出会った妖怪の見える少女。父親を亡くし孤独な日々を送っていたが、豆富小僧と出会い打ち解ける。狸に襲われていた豆富小僧を助ける勇敢さも持ち合わせている。
数百年にわたって妖怪と戦ってきた狸一族の長。人間の欲望に取り憑いて世界を征服しようと企んでいる。豆富小僧を200年もの間、お堂の中へ閉じ込めていた。

クレジット

原作 京極夏彦    
総監督    
脚本 青木万央     藤井清美        
CG監督 川北和明    
音楽 S.E.N.S. Project    
アニメーション制作 ラピス