貂蝉

天地を喰らう(漫画)の登場人物。読みは「ちょうせん」。呂布奉先とは親族関係にある。

  • 貂蝉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天地を喰らう(漫画)
正式名称
貂蝉
ふりがな
ちょうせん

総合スレッド

貂蝉(天地を喰らう)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

金髪で瞳は栗色の美女。呂布奉先の妹。母を西洋人の絹商人に売った叔父の丁原(ていげん)を恨み、兄呂布に斬らせ、董卓に寝返った。董卓の愛人となり、女ながらいろいろ彼に献策している。だが、本心は董卓を嫌っており、兄に天下を取らせるため、時期を待っている。

登場人物・キャラクター

髪が金髪の大きな男。母が西洋人の絹商人に売られたので、西洋人の血が流れているという。母が死んだため、妹の貂蝉とともに、叔父の丁原(ていげん)のもとへ行こうとしたら、途中で都から逃げ出した天子とその弟に...
幻鐘大王の野望の魂を受けた男。涼州の長官で、大将軍何進の密書によって、12万の軍勢を率いて都に上った。このとき、呂布奉先と貂蝉の兄妹と出会い、呂布が天子を連れていたことから、董卓がこれを保護。その後、...

登場作品

貧しい身なりのワラジ売り、劉備玄徳は、死病にかかりながらも最期に誰かの妻になりたいという2人の姉妹と出会う。劉備は妹を選び、姉の方は、諸国を旅して回ってきた諸葛孔明が引き取ろうとした。だが、村人たちが...