赤白つるばみ

赤白つるばみ

海外留学中に双子を身ごもり帰ってきたヒルコと、幼い頃から隣家に住む大蛇丸と由良ノ介を主軸とした、少し変わった人々の交流を様々な視点から描いたヒューマンドラマ。

正式名称
赤白つるばみ
作者
ジャンル
日常
関連商品
Amazon 楽天

概要

大蛇丸は働きもせず、弟の由良ノ介と暮らし、隣家に住む幼なじみヒルコとその子供たち、端午コタローと平穏な日々を過ごしていた。ある日バスで、言葉に色のついて見える不思議な老婆キノと出会う。

登場人物・キャラクター

ヒルコ

翻訳家として働く女性。桃、端午、コタローの三人の母であり、シングルマザー。痩身で美人の33歳。帰国子女で型にとらわれることのないハッキリした性格ゆえに、学生時代は浮いた存在だった。高校を辞めて海外に行ったが、10年以上経ってから、桃と端午を連れ、コタローを身ごもった状態で帰ってきた。

大蛇丸

ひねくれた性格の美青年。29歳。大学卒業後は銀行で忙しく働いていたが、今は辞めてフラフラしている。ニートだと言われているが、一応ジィさんの資産で株をしている。ジィさんに似ており、彼に大変懐いている。いつも家にいるため桃や端午、コタローの面倒をよく押し付けられている。ヒルコのことが好き。

由良ノ介

大人しく穏やかな性格で、何かと周囲の面倒を見ることになるしっかりものの美大生の青年。20歳。大蛇丸の弟。貧乏でいつもバイトに勤しんでいる。ヒルコのことが好き。

キノ

バスの中で大蛇丸に話しかけてきた、少女のような格好をしている老婆。いつも少女のような格好をしているわけではないが、服装にはこだわりがあるようで目に付く格好をしている。人の言葉に色がついて見える。自称彫刻家、画家、版画家、チェンバロ奏者、映像作家、詩人、女優、そして母親。

ヒルコの娘。端午とは双子。いつも端午と二人で創作遊びに熱中している。女の子らしい服装と長い髪をしていたが、端午が髪を切るのに合わせて自分も髪を切った。

端午

ヒルコの息子。桃とは双子。いつも桃と二人で創作遊びに熱中している。小学校にあがるまでは服装も髪型も桃と全く同じで、女の子にしか見えなかった。それゆえ小学校入学の際に同級生にしつこくからまれて髪を切る。

コタロー

ヒルコの息子。桃と端午の弟。由良ノ介は自分がコタローの父親だと思い込んでいたが、ヒルコは桃と端午と同じく、前の彼氏がコタローの父親だと思っている。

二千花

ヒルコの友達の女性。学生時代は太っており、愛想を振りまくしか能がなかったが、20年で20キロ痩せた。努力家でヒルコと同じ翻訳家だが、同時通訳などもこなせる高スキルの持ち主。学生時代はヒルコのことが嫌いで、靴を隠す嫌がらせをしていた。

オトハ

由良ノ介と大学で知り合った青年。色弱の美大生。由良ノ介と取り壊し寸前のアパート一棟をルームシェアをすることになる。実はキノの孫。

ジィさん

大蛇丸と由良ノ介の祖父。二人の名付け親でもあり、若い頃は由良ノ介にそっくりだった。かぶき者と言われるような変わり者。資産があるようで成人後は毎年大蛇丸と由良ノ介にそれぞれ100万円送り、自身は由良ノ介と株をやっている。

SHARE
EC
Amazon
logo