足利アナーキー

主人公のハルキは類まれなる喧嘩のセンスを持ち、周囲からは栃木の鬼神と恐れられる喧嘩屋。そんなハルキはある抗争をきっかけに、仲間たちとともに起ち上げたギャング・ファックジパングを日本一のギャングにしようと決意する。栃木県足利市が主な舞台となって繰り広げられる不良バトル漫画。バトルシーンでは、神の視点と言うべき位置から、作者の喧嘩論・バトル論が滔々と語られるのが特徴的。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
足利アナーキー
作者
ジャンル
不良、ヤンキー
 
バトル

総合スレッド

足利アナーキー(漫画)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

新着関連スレッド

九十九 一(足利アナーキー)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:09
林 哲平(足利アナーキー)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:09

新着関連スレッドもっとみる

概要

類まれなる喧嘩のセンスの持ち主であるハルキは、その日も地元の栃木県足利市で、和協中時代からの親友で高校の同級生でもあるカザマサと気ままな喧嘩に明け暮れていた。そんなとき、中学時代の友人であるタカシヒカルがギャングに追い立てられる現場に遭遇。トラブルの匂いを嗅ぎ取ったハルキカザマサとともに、ギャングに襲いかかり血祭りにあげる。

さらにギャングの本拠地を襲撃し、キングのテルを撃破。あまりの実力差にチームの解散を宣言したテルとの会話の中でハルキは、かつて和協中でいじめられっ子だった林哲平が栃木ナンバーワンギャングのキングであることを知る。対抗意識を燃やしたハルキはその場で自らもギャングを起ち上げることを決意。

カザマサタカシヒカルに加え、つい先ほどまで敵だったテルまでをも巻き込み、ファックジパングと名づけたギャングを日本一の高みに至らせることを誓うのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
栃木県立南総合高校に通う男子高校生。天性の喧嘩のセンスの持ち主で、周囲からは「栃木の鬼神」と恐れられている。カズマサ、タカシ、ヒカルとは和協中時代からの友人。特にカズマサとは高校でも同級生で、常につる...
ハルキの親友にして良き理解者である。ハルキ、タカシ、ヒカルとは和協中時代からの友人。クールな性格だが、平然と車で人をはね飛ばすなどその行動は常識人とはかけ離れている。喧嘩については理論派で、ハルキの強...
ハルキ、カザマサ、ヒカルとは和協中時代からの友人。和協中時代からハルキに対して強いライバル意識を持っていた。和協中卒業後も、ヒカルとは付き合いを継続。テル率いるギャング・シルバーラットとの争いの際にハ...
可愛らしい外見や無邪気な言動に似つかわしくない、キレた性格をしており、栃木のジャンキーの異名を取る。ハルキ、カザマサ、タカシとは和協中時代からの友人。和協中卒業後も、タカシとはつるんでいた。白ランと長...
栃木県内3番目の勢力を誇るギャング・シルバーラットのキング。スカウトで3年連続で1位にランクインしたハルキら元和協中4人を狙う。だが、あっさりと返り討ちに遭い、シルバーラット解散を決意。その後の会話の...
特定のギャングに属することなく、金銭のため用心棒的にバトルに関わるボクシング経験者。高校一年のときのハルキに挑み敗れたという因縁があったところ、ファックジパングを起ち上げたハルキが、たまたま用心棒をし...
栃木県佐野市在住のヤンキー。子供の頃からの友人・ケンゴといつもつるんでいる。佐野市への強い愛着があり、ソウルフードたる佐野ラーメンが口に合わないといったハルキとカザマサに因縁をつけるがあっさり敗北。そ...
ハルキらと和協中時代の同級生だったが、過酷なイジメを受けていた。中学3年生のとき、親の仕事の関係で宇都宮に転校。これを機にいじめられっ子から脱却し、いつしか栃木最大のギャング・シャイニングのキングに。...
刈谷会で若頭を務めるヤクザ。刈谷会会長である刈谷鎮がハルキを評価していることに不満を覚えていた。もともと伝説の不良として知られており、カザマサやテルに武術を教えた過去も。

その他キーワード

『足利アナーキー』に登場する用語。栃木県最大の暴力団・刈谷会が、芽のある不良をランキング形式で評価してスカウトする。ハルキが3年連続で1位になったが、3年連続で刈谷会への所属を拒絶したため、ハルキを含...