蹄庖

蹄庖

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「ていほう」。

登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
蹄庖
ふりがな
ていほう
関連商品
Amazon 楽天

概要

練国の若き参軍校尉で大都督(大将軍)・姜子昌の右腕と評される知勇兼備の男。本国を離れられない姜子昌に代わって銀河を渡り歩き、美しい容姿と流れるような弁舌を武器に、各所で謀略の火種を育て上げる。

関連人物・キャラクター

姜子昌

若い頃から練国の麒麟児として、その才覚を嘱望されていた名将。比紀弾正率いる五丈国軍が南天に侵攻した際、南天連合として迎撃に参加することを強く諌めたことから、練国の国主・羅鶴に疎まれ、謹慎処分に処されて... 関連ページ:姜子昌

関連キーワード

練国

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。南天に位置し、首都星は益州都(後に大王理と改名された)。南天のなかでも辺境に位置し、神聖銀河帝国の領域外の異民族国家・南蛮王国と関わりが深く、羅候をはじめ王族も獣... 関連ページ:練国

登場作品

銀河戦国群雄伝ライ

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ... 関連ページ:銀河戦国群雄伝ライ

SHARE
EC
Amazon
logo