那余野町

那余野町

登場作品
ミステリー民俗学者 八雲樹(漫画)
正式名称
那余野町
ふりがな
なよのちょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

地方の中規模の町としてそこそこ発展しているが、町おこしの一環としてミスかぐや姫コンテストが行なわれる。かぐや姫伝説は奈良の広陵町が有名だが、この那余野町にも伝わっており、町外れの竹林に祭られた半分に割れた石には「かぐや姫発見の碑」と刻まれている。

衣川葉月は13年前の大地震のおり、この影で泣いているところを発見された。竹林と葉月の身の上が、コンテストの中止を求めて行なわれた凶行の発端だった。

登場作品

ミステリー民俗学者 八雲樹

榊大学の民俗学研究室で、民俗学者の教授の助手を勤める青年八雲樹が、ゼミの学生である富良野と共に日本各地で起こる殺人事件に巻き込まれ、解決して行く、本格ミステリー漫画。 関連ページ:ミステリー民俗学者 八雲樹

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
ミステリー民俗学者 八雲樹
logo