酒と恋には酔って然るべき

酒と恋には酔って然るべき

世界の地酒を飲み歩く「酔っぱライター」として活躍中の江口まゆみが原作を務めている。現代日本を舞台に、日本酒を愛する独身OLの藤井松子と、家飲みをきっかけに意外な一面を見せるようになったクールな後輩、今泉和知の日常や恋愛模様を、日本酒の豆知識を交えながら描いたOLほろ酔いラブ・コメディ。松子が愛するカップ酒をはじめさまざまな日本酒が毎回登場するだけでなく、日本酒や酒のつまみに最適な郷土料理を紹介する解説パートが随所に盛り込まれており、グルメ漫画としても楽しめる。また、コミックスでは日本酒についてさらに詳しく解説する「もっと知りたい!お酒の話」というコラムも掲載されている。秋田書店「エレガンスイブ」2018年月1号より連載の作品。第3回「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」で第3位、コミックシーモア「電子コミック大賞2020」で大賞を受賞している。

正式名称
酒と恋には酔って然るべき
ふりがな
さけとこいにはよってしかるべき
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
A.L.C.DX(秋田書店)
巻数
既刊11巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

登場人物・キャラクター

藤井 松子 (ふじい まつこ)

今泉和知と同じ会社の営業部に所属している独身女性。前の彼氏と別れて以来、数年ほど彼氏のいない生活を送っている。初登場時の年齢は32歳で、会津出身。結婚や出産で身近な飲み友達が減ったことから、現在は自宅での家飲みを趣味としている。帰宅後は日本酒で晩酌してマイペースな一人暮らしを楽しみながらも、そろそろ新しい彼氏が欲しいと考えている。日本酒に造詣が深く、酒に合う料理を作るのも得意としている。後輩の和知と二人で飲みに行ったことがきっかけで彼が気になり始め、その思わせぶりな態度に日々翻弄されている。

今泉 和知 (いまいずみ かずとも)

藤井松子と同じ会社の営業部に所属している男性。松子の後輩にあたる。物静かな性格でクールな立ち居振る舞いの好青年ながら、松子には時おり生意気で失礼な態度を取ることがある。会社の飲み会は避けているものの酒が嫌いというわけではなく、酔った時は笑い上戸になる。松子の自宅で家飲みの楽しさを知り、酔うと態度が柔らかくなったり好意的な言動を見せる「酔いデレ」となる。その様子がふだんのクールな雰囲気とのギャップとなり、松子の女心をくすぐっている。

クレジット

原案協力

江口 まゆみ

書誌情報

酒と恋には酔って然るべき 11巻 秋田書店〈A.L.C.DX〉

第1巻

(2018-07-13発行、 978-4253159487)

第9巻

(2022-12-15発行、 978-4253160896)

第10巻

(2023-08-16発行、 978-4253160902)

第11巻

(2024-05-16発行、 978-4253160919)

SHARE
EC
Amazon
logo